2020年11月30日 (月)

はい来たよ―――。

サロモンスノーボード スタッフブログをご覧の皆さまこんにちは。

おユミです。

 

きました!

ついに2021シーズンキックオフ‼‼‼

(メルマガ入稿日が丁度軽井沢OPENでしたのでタイムラグがありますが…)

順次スキー場がOPENし始め、ラニーニャ現象やインバウンドの減少などウキウキ情報をあてにしてお山へ向かう準備でワクワクが止まらない今日この頃です。

つかワクワク止まらず…ゲレンデOPENしたからここは空いているでしょ!!!

って勝手に思い込みSALOMONTEAM卒業生たちと向かってみました。

 

001

 

★レジェンドRIOは御坂の紅葉を見てなんて言ったでしょうか??

 

ですが…甘っかった…

コロナ緊急事態宣言以来こんなに人と密になることがなかった…!?!?って程。

御坂ローカルによると20年ぶりの混雑という。 みな同じ考えでしたね…w

それくらいシーズンを待っている人が他にも多いって事ですね。

 

002

 

003

  

去年よりパイプ大きくなっているし、来ている人たちのレベルもヤバ。激アツでした。

完全場にのまれてピヨピヨしていましたが、ふと隣にいるレジェンドRIOくんとカベも完全無言!w アウェイ過ぎてのまれまくっていましたー‼‼‼w 

でもメンツもよくみんなで楽しく滑れたので良しとしまーす。

しかし早くパウパウしたいですね!!

 

004

 

  

その後は恒例の熊崎圭人おすすめ油そばからの~

ライダー林陽介くんがクラウドファンディングしてプロデュースした

『清里NBスケートパーク』まで足を延ばしセッションしてきました。

 

006

 

廃校になった小学校のプールをリノベーションしてパークになっていました。

元々プールなので面はツルピカでぶっちゃけ私のレベルだと怖くてなんもできませんでした…。(豊洲のNikeスケートパークより滑る!)

 

これから徐々にパークアイテムが増えるみたいなのでまたランプとかできたら遊び行きたいな。コロナでスケート熱が再発しハマっていましたが、冬になったのでこれから全開雪山に向かいに行きまーす!

 

年内にサロモンスノーボードで試乗会も開催します。

是非皆さん遊びにきてください! 待ってまーす!!

 

007

 

御坂ローカル熊崎圭人とキンカジュウの一悟くん

 

★答え 『前田耕陽してる!』今どき男組がサラッと出てくるところがレジェンド…。

もちろんその場にいた子供たちは何のことだかまったく分ってませんでした。

 

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年11月13日 (金)

諦めない心

雪降っていますね。

まだ僕が住んでいる日本のマチュピチュ、

いや日本のフィンランドには雪が降っていません。

山奥の暮らしにどっぷり浸かっているトシです。

 

去年までは、この時期全国を転々としながら接客したり、

お店のSTAFFさんと話したりとバタバタしているのですが、

今年はコロナの状況もあり、家でおとなしくしています。

おかげで家族との時間は増えたのですが、

正直、休みを持て余しています……。

皆さんご存じの通り、

ボクと言えばDIYにハマりただひたすらに何かを作ってきました。

 

過去記事↓↓

「我が家のDIY集大成!」

https://snowboardblog.salomon.co.jp/2020/05/

「道具って大事!」

https://snowboardblog.salomon.co.jp/2020/07/

 

家族に求められるものを作り、楽しんでいたのですが、

ある程度時間を見つけて作ってしまったので何も頼まれなくなってしまったのです……。

するとどうでしょう。

何かを作っていないと落ち着かない身体になったボクは、

休日に何をしていいのかわからなくなったのです……。

何か予定があればいいのですが何もなく家で過ごす休日に恐怖を覚えはじめました。

 

そんなある日これまで作ってきたものの端材を整理していると……

 

001

 

ヒノキの角材90mm×90㎜を発見。

いい香りがするし、どこかもったいなくて捨てられなかっただけですが、

すごく気になってしまい、ひたすら活用方法を考えましたが、

答えが出ずにモヤモヤしていました。

そんなある日、我が家の近くにあるフィンランドをイメージしたテーマパークで、

カバみたいなキャラクターの写真を娘たちと撮っているといいものを発見!

そこではカップル、おばちゃんグループが木材を必死にシコシコこすっていました。

この瞬間、捨てられなかった角材がとても魅力的な素材に変わったのです。

家に帰り、なんとなく木材に印をつけてざっくりカット。

 

002

 

なんとなく形が見えてきました。

あとは自慢の工具と鍛えぬいてきた右手でひたすらコスるのみ!

休日は朝から作業に入り、木の粉で全身真っ白になっている様子を見て、

「何になりたいのかわからないね(苦笑)」と家族。

でもいいのです。

没頭できる何かが見つかったボクは止まりません。

 

いよいよ作業も大詰めとなったある日のこと……。

 

コンコンコン。

シュッシュッシュッ。

ゴリゴリゴリ。

 

コンコンコン。

シュッシュッシュッ。

ゴリゴリゴリ。

 

コンコン、コンッ!

 

……

 

……………

 

……………………。

 

003

 

ずっと優しくしていたのに少し力が入った瞬間に……。

さようなら……。

全身の力が抜け、ヒザから崩れ落ちました。

かなりコツコツと作業していたのでダメージがデカく諦めようとしていたら、

娘「それでコーヒー飲むんじゃないの?」

ボク「そのつもりだったけど壊れちゃったから、もう止めるよ」

娘「途中でやめちゃダメなんだよ」

まさか、娘に“諦めない心”について言われると思っていなかったので、

かなり刺さりました。

ボク「そうだね。もう一回頑張ろうかな。保育所ではそういうことも教えてくれるんだね。すごいねー」

娘「違うよ。Youtubeだよー」

ボク「…………(苦笑)」

子どもの相手もせずにコツコツやっている間に

どこかのYoutuberに諦めないことを教えてもらっていた娘。

世の中のお父さん、お母さん、“アン〇ンマン”や“ドラ〇もん”だけでなく、

YouTubeでも子ども立派に成長します(爆)

 

そこから、諦めないで1から作りなおして、

実働、約1週間ほどかけてコレが出来ました。

 

004

 

ククサ(木製のマグカップ)。

フィンランドの伝統工芸品で大事な人にプレゼントとして贈ったりするそうです。

ここから水がしみ込まないように処理をするのですが、

この形にたどり着いたことで一旦満足。

なんの心残りも無くシーズンインできそうです。

 

まだまだ先が見えない世の中ですが、

諦めない心で今シーズンも最後まで仕事と遊びに全力で臨みます!

Withコロナを意識すれば今シーズンも最高に楽しいはずです!!

とりあえず、板にWAXをかけて、

今シーズン復活するご近所ゲレンデ「狭山スキー場」にアタックしたいと思います。

では!

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年10月15日 (木)

何事も計画的に

 

 

スノーボードを、いや、SALOMON SNOWBOARDSを愛して止まないであろう皆さま、こんにちは!

最近テレワークに慣れ過ぎたせいか、たまにこっそり出かけてもすぐに疲れてしまう

SALOMONチームの「ツチノコ」ことA-KILLERです。

 

夏の終わりのハーモニーとともにすっかり秋めいてきた今日この頃、

何かと温度に敏感になる季節でもありますが、大事なところの温度が高くなってムレてしまわぬよう、

長時間イスに座り続けないことや、時々半裸でテレワークする等、万全の体調管理で毎日を過ごしています。

 

ラニーニャ現象の発生により「今年の冬は寒い!」との報道が続いていますが、富士山にも例年より一か月早い初冠雪。

いよいよシーズンへ向けたカウントダウンが始まりました!

話題の「GO TO キャンペーン」効果でいつもよりお得な雪山トリップになることは間違いありませんので、

皆さんもバッチリ冬の「計画」たてましょう!

安心してください。ナイスな冬、すぐソコですよ!

 

というわけで、「アツい冬」を目前に、期待と妄想を暴走させながら色々な「計画」を模索していると…

ん…?なんだこの「計画」は!?

 

001

*引用資料:内閣府ホームページ
“ムーンショット型研究開発制度”
https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/index.html

「MOON SHOT計画」

 

2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現。

従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究、開発…。

これは一体…もしや…!?

 

002

 

まさかあの都市伝説がついに現実のものに…!?

 

*引用資料: 内閣府ホームページ
“ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現”
https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/sub1.html

 

【サイバネティック・アバター基盤】

  • 2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、

大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。

  • 2030年までに、1つのタスクに対して、1人で10体以上のアバターを、

アバター1体の場合と同等の速度、精度で操作できる技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。

注:サイバネティック・アバターは、身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、

人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するICT技術やロボット技術を含む概念。

Society 5.0時代のサイバー・フィジカル空間で自由自在に活躍するものを目指している。

 

【サイバネティック・アバター生活】

  • 2050年までに、望む人は誰でも身体的能力、認知能力及び知覚能力をトップレベルまで拡張できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を普及させる。
  • 2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。

 

感度の高い方は既にご存じかもしれませんが、要するに現代社会が抱える様々な問題を人間とAI、ロボットの共生によって解決していくというもの…。

具体的なイメージはコチラから→https://www.youtube.com/watch?v=GxjwqKX3dP4

 

003

*引用資料:産経ニュースホームページ
“挑戦的研究、政府が後押し サイボーグ技術など5年で1000億円”
https://www.sankei.com/politics/news/190730/plt1907300035-n1.html

 

まさにSF映画のような計画ですが、この計画が実現すれば、

「人間なのかロボットなのか?」「現実なのか仮想現実なのか?」「便利なのか管理なのか?」

もはやどっちがどっちかわかりませんねw

ある意味仮想現実の中でスノーボードを楽しむ時代もすぐそこまで迫ってきているのかもしれません。

 

そしてそんな時代をあまりイメージできないという方、

ぜひスピルバーグ監督のSF映画「レディー・プレイヤー1」でイメトレしていただければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=BlTCXShunpI

 

と言いながらそこまでの未来を見据えることよりも今生きることを大事に、

というより今で精いっぱいなツチノコを万が一どこかで見かけても、

どうかそっとしておいてください…。

 

004

 

なんだかんだ目の前の「現実」だけが「リアル」ですよねw

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年9月28日 (月)

前回の記事のアップで「刈上げの写真で物が売れるのか?」と、あるところでは物議を醸したようで、、

それからスタッフブログのメルマガ配信はなくなったのですが、それでも見てくださる方がいると信じています。笑

 

気付けばスタッフブログ初回の投稿で入社のお知らせをしてから1年半が過ぎていました。

時が経つのは早いものですね。

その後も環境が変わりつつも何とか生きています。笑 サロモンスノーボードセールスチームおかべです!

 

今年は残暑が厳しく、しばらくは暑い日が続くようですが

僕は坊主頭のおかげで熱中症にもならずに過ごせています。

 

実は8月に引越しして、まだいろいろと足りない物が多く自分の仕事スペースもこのありさま。

 

001

 

椅子もテーブルもなく、踏み台とチェストで代用。

しかも引っ越して一週間でリビングのテレビ(かなり古い)が壊れ、

ディスプレイに使っていた24インチのテレビと交換して、なんともアンバランスな仕事場となっております。。

 

更には仕事場としている部屋のエアコン工事が遅れ、数日の間は灼熱の中

エアコンなしで過ごす事に。汗

 

だが、坊主頭は強い!

そんな過酷な環境でもなんとか凌げます!!

 

おかべ、しばらくは坊主頭で過ごしていきそうです。笑

 

そんな感じで僕は環境変化に四苦八苦している状況でしたが

子供たちは新しい環境で楽しく過ごしているようです。

 

002

 

玄関前でプールに入ったり、引越しで使った新聞紙に埋もれてみたり。

片付けが大変だったのは言うまでもありませんが、本人達が楽しく遊んでくれていれば良しとします。

 

003

 

そうそう、近所の畑でスイカと胡瓜も頂きました。

 

今年はサーフィンへ行けずに運動不足な日々を送っていますが

なんだかんだ夏を満喫しています!

 

ちなみに、最近ホームセンターでとあるアイテムを購入してきました。

 

004

 

部屋の扉に付ける簡易的なカギ。

自宅で仕事に集中できる環境を整える為には非常にありがたいアイテムです。

 

これを得た事で僕はこれから更に部屋に閉じこもり、

ツチノコ先輩を見習いひっそりと過ごしていく事になるかもしれません。

 

これから来る冬のシーズンに備えて、ひっそり、こそこそ、コツコツとやっていきます。

 

それではまた次回!!

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年9月 7日 (月)

歴史あるあるサロモンスノーボード ライダー

サロモンスノーボードスタッフブログをご覧の皆さまこんばんは。

今回の当番はおゆみでございます。

 

1997年サロモンスノーボードがスパイラルマーク(うずまきみたいなやつ)だけのグラフィックで勝負に出た1モデルのみで誕生し今年で23年になります。

 

翌年1998年ではスノーボードで初めてオリンピック種目になり長野の上林スキー場で行われた

HP(ハーフパイプ)部門でサロモンスノーボードライダーであるダニエル・フランクが銀メダルを獲得したのをはじめ、X-GAMES HP部門でミッシェル・タガ-トが金メダル、Air&Style でデビット・ベネテックが優勝、ソルトレイクオリンピックHP部門ファビアンヌ・ルーテラーが銅メダルと外国人ライダーが大活躍していました。そして2005年サロモンスノーボードジャパン激震の年

 

皆さん何の年だか分りますか??

はいヒント!

 

1

 

ハリウッドスターでもあるライオ田原がサロモンスノーボードジャパンに加入し日本人のニーズに合わせた商品開発がスタート!!

スターの移籍は当時かなりの話題になりましたね~。(完全おゆみ視点)

さすがスターらしく彼から繰り広げられた発想の開発はサロモンスノーボードにとって今でも宝です!!

 

そこで日本人歴史あるある元祖ライダーと言えば…

平住慎一・佐久間洋・神森正義・金田由貴子・須藤桂・井上敦司などが初代で始まり

その後大田宜孝・大西泰三・山岡そうこ・大谷美果・住職・柳沢景子と続いていって

オリンピアンの平岡卓・工藤洸平・浜崎あゆみ・壁田竜一・テディ・熊崎圭人・星野文香・脇田壮希・山根俊樹…などなど全部載せきれないけど卒業生たちも素晴らしい面々。

卒業生といっても皆さんまだスノーボードは続けていて、SALOMONSNOWBOARDSアイテムを使ってくれています!

 

元祖の陶芸家洋くんはSHADOWFITバインがお気に入りみたいです。野沢温泉の若女将であるユキちゃんはSICKSTICを乗ってくれています!で、スターはやっぱしHPS!!

井上あっちは息子初めてのボードデビューにTEAM PACKAGEを乗せてくれました!!

SALOMONファミリーいい感じですね☆

 

2

 

去年の春お台場CHIMERA GAMESのサロモンブースであっち親子がボードデビュー

かなり汗だくで真剣に教えていますが…

 

そうあっちといえば今年ジンギスカン屋をOPENし、しかもうちの実家からお店が近くでしたので地元ITBクルーwithリアルツチノコとサツアイ入れてきました!

 

3

 

4


5

  

ジンギスカン酒場 くらむ 大山店

https://qlamb.jp/

https://www.instagram.com/qlamb.jp/

 

本人が直接北海道へ行き最高なジンギスカンを求め見つけたラムは奥深い最高な一品ですね!

どれも美味しかったな!

壺カルビも何壺オーダーしたか分からないくらい美味しくておススメです!!!

 

6

 

こうしてレジェンド達は別のフィールドでも大活躍しています!

いつか卒業生や現役ライダーそしてSALOMONファンの人たちと一緒に山で集まれたら最高ですね!!!

皆さんと一緒にサロモンスノーボードの歴史に触れてみたいです!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年8月19日 (水)

密を避けながらも密に

SALOMON SNOWBOARDSメルマガ会員の皆さまこんにちは!

 

長引くコロナ禍の中、どちらかというと「密」が大好きな皆さんも

上手く「密」を避けながらアツい「夏」楽しんでますか??

ってもうこの記事はメルマガ配信されてないらしいですが…(笑)

 

そうなんです。我々のスタッフブログがついにブランドのオフィシャルサイトからキックアウトされてしまったようで…。

まあ内容を振り返ると納得の状況ではありますが、ついに何から何まで「リアルツチノコ」になってしまった

SALOMONチームの「リアルガチツチノコ」吉田A-KILLERです。

 

ようやく長い梅雨が明け、いよいよ夏本番!

気象庁の3か月予報だと今年は10月頃までかなり暑いらしいので、

お出かけしてもこんな感じでしっかりソーシャルディスタンス!こまめな手洗いでしっかり消毒!

何より健康第一で「アツい夏」をアクティブに盛り上げてイキましょう!

 

001_2

 

 

とは言いながらも何かと窮屈な毎日が続いていることも事実。

先日も「扇風機の首振り問題」でちょっとしたトラブルに。

 

どうやら扇風機の風を浴び続けると死ぬことがあるというのです。

「体温が下がり過ぎる」、「体に悪い」らしいのですが、

皆さんも気になってしようがないだろうということで調べた結果、

「健康な人が扇風機の風を浴び続けても、命を脅かすほど体温が下がることはない」

という結論でした。

湿度が高い日本の夏の場合は更にその可能性が低くなると。

まあ体を冷やし過ぎるのは腹痛や下痢の原因になり健康によくないことは確かなので、

皆さんも色々と冷やし過ぎないよう注意しましょう。

 

因みに扇風機は19世紀後半にトーマス・エジソンが発明したという説が有力なことは皆さんもご存じかと思いますが、

今や扇風機は着る時代ですので、気になる方はぜひお近くのホームセンターへ足を運んでみてください。

 

そんな扇風機問題が落ち着いたと思ったら、今度は「ドッグゲートトラブル」。

 

002

 

こちらは先日我が家の黒い家族のために作成した「柵」なんですが、

皆さんご想像の通り、この後扉を付けてついに部屋が完成!という時に黒い家族が格子の間を見事にスルー…(汗)

採寸ミスで時間がかかったうえに致命的な設計ミス…その瞬間、室内温度が更に5度くらい下がったように感じました。

足りない「密」を補うべく、綿密に次の対策を考えたいと思います。

 

そんなトラブル続きの日々を何とかやり過ごしながらふと目をやると、

そこには息子が作った「吹き矢」的なおもちゃが…。

 

003

 

え、じごく…?ち…?(汗)

後日本人に「どんな気持ちでこれを書いたのか?」と聞いたところ、

どうやら大人気ゲーム「あ〇森」が影響していることがわかりましたが、

大事な「密」がまだまだ足りてないなとあらためて痛感しました(笑)

 

思えば「密」によって成り立つ我々の生活。

これからも「密」によるトラブルが絶えない生活が続くとは思いますが、

避けるべき「密」を避け、大事な「密」を守り続けていくことが

この激動の時代を乗り越えるヒントであることは間違いないですね!

まあトラブルは全て自業自得ですが(笑)

まだまだこれからも理想のライフスタイルを追求するためにも…

 

 


YouTube: Party at Bam Margera's House | SKATE TALES Ep 1

 

 

そしてトラブル続きにもめげずどこかでしっぽり決め込んだリアルガチツチノコを万が一見かけても、

どうかそっとしておいてください…。

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年7月28日 (火)

道具って大事!

こんにちは!

連日の雨のため芝刈りが出来ず指をくわえながら、もりもりと成長する庭の芝生と雑草を眺めています。

どうもToshiです。

 

最近はDIYするネタも無くなり、もっぱら丸ノコやインパクトドライバー、ジグソーなどDIY道具たちの手入れをしておりました。

 

色々とDIYで挑戦して感じていたことがあります。

それは「道具が大事」ってこと。

初めて棚を作ったとき、僕の道具はのこぎり、金槌、定規くらいでした。

もちろん、それなりのものは出来ますが大変ですし、クオリティも低かったです……。

しかし今はさしがねや丸ノコ、ジグソー、サンダー、グラインダー、インパクトドライバー、手ノコなど大小様々な道具を手に入れました。

 

_1

 

するとどうでしょう。

制作スピード、完成度の向上だけでなく、できることの限界も突破!

 

小さな棚を作るので精一杯だった自分がウッドフェンス(台風で倒れたけど…)や

物置小屋(ところどころガタガタだけど)、

カバードポーチ風のウッドデッキの屋根(台風がきたらどうなるかわからんけど)などの

立体的な構造物まで作れるようになりました(笑)。

 

様々ある道具のなかで、すごく感動したものをお伝えしようと思います。「どうでもいいや」なんて思わずに読んでみてください。

ちょうど1年前、小屋を作っていたときは水平を調べるために“水盛り”という「サイフォンの原理」とかいうものを利用していました。

道具はバケツとホース、水だけで簡単な雰囲気……。

 

_2

 

バケツに水を汲み、ホースの片端を水の中に入れ、反対側から空気を抜くと重力の関係でバケツのなかの水面とホースのなかの水が同じ高さを示します。

こんな感じ。

_4_2


 

これを利用して水平を調べることができるのですが、思っているより大変でホースの中に空気が入ったり、水がこぼれて水位が変わったりと素人には意外と大変なのです。

先日完成したカバードポーチ風のウッドデッキの屋根を作るときも同じ方法でやろうとしていましたが外構屋のおっちゃんが十数万円するレーザー水準器を貸してくれました。

 

これがスゴい。

本当にスゴいんです。

室内では赤いレーザーの光が対象物に映ります。屋外や明るすぎる場合は付属のリモコンを使えば音で水平がわかります。

 

_3_2

 

写真だとわかりにくいですが、後ろの壁にうっすら赤い線が見えています。

部屋の中心に置いた水準器が部屋の壁に水平なラインを映してくれるのです。

もう一撃です。

何度も失敗してやり直していたのが嘘のように一発で水平がわかります。

高額な道具ですが水平の精度も上がり、仕上がりも変わります。

己の力を信じて必死に努力しなくても、ちょっとだけお金を出せば“楽”に“仕上がりもUP”。

これって何かに似ていると思いませんか?

そうです。スノーボードのギアも同じなのです。

もちろんたくさん滑ることは大事だけど、自分のレベルに合っていないものや古いモデルを使って滑るより、やりたいことに合ったギアを使ったり、最新のテクノロジーが搭載されたギアを使うほうが“楽”に“上手く”“楽しく”滑れるようになります。

 

「コイツ、最後に商売絡めてきやがった」と思ったそこの読者のあなた。

お使いのギアはあなたのレベルに合っていますか?

十数年前のへたりきったギアではないですか?

「年に数回しか行かないから」なんて言わないで、今年はボクに騙されたと思って新しいギアで滑ってみませんか?

たぶん、「アイツに騙されてみてよかった」ってなるはずです。

 

 

。。。

 

。。。。。。。

 

。。。。。。。。。。。。。。

 

 

たぶん……。

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年7月 7日 (火)

変化とチャレンジ

SALOMONメルマガ会員の皆様こんにちは。おかべです。

7月になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

僕は相変わらずそんなに遠出をせず、わりと近所でほとんどの生活を過ごしています。

緊急事態宣言が解除されてからある程度の外出はできるようになったと言え

新型コロナウィルスはまた勢い出してきているので、継続して注意が必要ですね!!

 

“ベッチ”こと岡部です。

 

そんな新しい生活様式を取り入れて過ごしていると、何かとストレスをためてしまう事もありますよね。

そんなストレスを解消する為の方法として、「買い物」をする人も多いのではないでしょうか。

 

ええ、僕もその一人でした。笑

 

1

 

買ったのはバリカン。

 

このコロナ騒動がはじまってからなかなか美容院にも行けず、100均で買ったツールで

セルフカットをして凌いでいたのですが、素人の僕では限界まで割と早く到達しまして

つい先日、いよいよ武器を手に入れました!

 

自分でバリカンを使うのは初めてでテンション高めで刈上げを試します!

 

んん、、なんか上手くいかない。

 

これは思い切って長めの坊主にするか!?

ビビッて12mmで刈ってみると、これは坊主なんて言える長さじゃない。

 

次は9mm、求めていたのは長めの坊主だけど、これは昭和感満載の「ザ・坊主」

これは理想には程遠い。

 

これではただ笑われるだけになってしまうとアタッチメントを変えて6mmでサイド部分を

カットしてグラデーション風に!

 

なんか、わりと上手くできた。

その調子で後ろ部分も。手鏡で確認しながらやってみるが、手の動きが反対になるのでコントロールが難しい。

結果、自分の手の感覚を頼りにカット。

 

イメージはEX〇〇Eのメンディー風に。

これで今までのおかべのイメージも変わるな!!

 

2

 

仕上がりをチェックしてみるとEX〇〇Eというよりはチョコレート〇〇ネット〇尾だ。

理想と現実は違うと言うのはこの事か。。

 

しかも家族に後ろ部分を確認してもらうと一部刈込み過ぎていると!?笑

 

これはもう自分ひとりの力では対処が難しいと思い、家族に手伝ってもらいもう一度サイドと後ろ部分を刈込みます。

 

今回はしっかり準備をしてから挑もうと美容師の知り合いにアドバイスをもらい、

短めでトライ。

 

アドバイスでは1m弱との事だが、持っているバリカンにそんな設定はない。

よって、アタッチメントなしトライ!

 

結果、素肌がやたら見えるくらい予想以上に短い!!

 

3

 

仕上がりをチェックすると、これはもはやドングリのような形ではないか。。汗

どうしたらオシャレな坊主にできるのか、もう少し模索してみようと思います!

 

 

4

 

あと、自分のカットついでに息子の髪も刈ってみました。

こちらはまぁイメージと近い感じの仕上がり。

これから暑くなるし、バリカンの腕を上げていこうと思います!

 

と、ここまでこのブログを読んでいただいた皆様、こんなどーでもいい記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!笑

 

時代、環境が変わる世の中ですので、何かしらの形で自分を変化させてみてもおもしろいかもしれませんね。

 

それではまた!!

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年6月24日 (水)

やっぱりボーダーはスタイル重視でしょ!!

サロモンスノーボードメルマガ会員の皆さんこんにちは。

小池で~す!

皆さん変わりなく元気ですか??

 

意外に2回目のブログが早く回ってきて何も思いつきません…(笑)

 

とりあえず…

私たちスノーボードチームは引続きテレワーク継続中で、いまだに日常を模索し続けています。

変化しつつあるこの状況に『進化』と『新しい日常』を取り入れなくてはいけない現状ですが、

自粛生活であるあるだった『断捨離』『DIY』『cooking』『自分と向き合う』など殆どの人が

やったよ!ってヤツの…withコロナ おゆみ ライフスタイル編の一部をどうぞ…

 

1

断捨離してたら懐かし写真発見!!みんなカワイイ✨

 

まず断捨離は小さい物から大きいモノまでヤッちゃいましたね~。

しかもやり始めたら止まりません。実家に行ってまで断捨離をし、しまいには終止つかず実家は放置。あるあるですね~w

 

DIYではありませんが作ったものと言えばプランター菜園。

今年の【おゆみ農園】は

パクチーが盛り上がっちゃいまして毎日パクチー三昧です!

他にはとっても甘かったプチトマト・大好きなおかひじき・小葱・勝手に生えてきた大葉・

オリーブ・トシメン家から引っこ抜いてきたミントです。

どれもこれも珍しく成功です!

パクチーは種を採集してまた来年の楽しみにしたいと思います。

全て無農薬なのでムシがパッないです。

とてもキモいです。。。。

 

Photo

おゆみ農園 ミントはモヒートに❤

初めて見たパクチーの花。

虫嫌いな方…すみません。

黒いやつはパクチーの茎についたハダニくんです。早く種を採取して根っこを素揚げしておつまみにしたい!!!

 

そして『おゆみ農園』でできたかわいい子たちはしっかり『スナックおゆみ』で頂きました。

 

3

おゆみ農園 ミントはモヒートに❤

 

4

スナックおゆみ パクチー三昧

 

振り返ると、コロナのおかげで時間ができ、『自分との向き合う時間』も出来ました。

こんなに自分の事や家族の事考えたことなかったので、改めていい時間になりました。

 

自分スタイル探し!『ヨコノリ』の人たちは特にスタイルにこだわりますよね!!!

ファッションや体形など見た目のスタイルやライフスタイルなど様々でスタイルを追求しています。

(ライディングはもちろん、全てにこだわりがあるからライダーはいつもカッコイイ!!!)

人と一緒じゃなく自分だけのスタイルを探すのが得意だと思います。

人や時間に流されるスタイルより自分のスタイルが大事!!

そんなスタイルを模索する時間ができて、ある意味勉強になったのですが、

なんせワタシは寝て起きたら忘れるタチなので身になっているのかは今後に期待です!!

 

皆さんもどうお過ごしでしたか??

 

特にこれっていう面白話はありませんでしたが、まだ自分スタイルが定まってない方

是非時間がある今、模索してみてください! 

 

色んな自分の可能性に妄想が暴走です!!!

 

なにか面白い過ごし方やスタイルがありましたら是非教えてください!

勇気を出してコメントを! そしてスナックおゆみで暴走を語らいましょう!w

 

5

スタイル探しなのか再びチャレンジ!ただいまランプ猛特訓中!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年6月10日 (水)

「変化を進化に」

サロモンスノーボード メルマガ会員の皆さまこんにちは!

前回の投稿から早半年…新型コロナウィルス感染症が世界を大きく変えてしまったことは言うまでもありませんが、

まずはこのメルマガをご覧になっている全ての皆さまが無事、健康で変わらず元気にヤッておられることを願っております…。

 

最近は流行りの〇〇ワークやオンライン〇〇にチャレンジする日々を過ごしながら、

気が付けばもうかれこれ2か月以上全く会社へ出社していないので…

ついに社内で「リアルツチノコ」へとアップグレードしたサロモンスノーボードチームの「元ツチノコ」吉田A-KILLERです。

 

何かと「変わらなければいけない」今日この頃、この変化の中で求められる「新しい生活様式」に少なからず抵抗を持ちつつも、

「自分、不器用ですから」といって受け入れないわけにもいかないため、

自分自身、「新しい生活様式」へ向けた「はじめの一歩」を踏み出してみることにしました。

 

001_4

 

というわけで、どうせもうしばらくは存在感ZEROが続く「リアルツチノコ」、今月から小学校1年生始めてみました(笑)

日課となった朝顔の水やりに始まり、田舎暮らしのため小学校までまさかの「4Km」というアメージングな距離を毎日トリップ。

今後の登下校で数々のネバーエンディングストーリーが待ち受けていることは確実ですが、

「途中でトイレに行きたくなったらどうしよう?」そんな不安だけがいつも頭をよぎっています…

 

002_2

 

真夏日という過酷な条件の中、無事学校に到着すると校庭の外れには目を疑うほど難易度の高いパークが…。

調子に乗った大人たちは間違いなく一瞬でケガするやつですね、これは。

もし冬に雪が積もったらバッチリスノーボードで良い画が撮れるよう、オフシーズン中に時間をかけてしっかり地形を見極めておきたいと思います。

 

そんな平和な「はじめの一歩」を今後脅かす可能性があるかもしれない、どうしても気になることが…

そう、皆さんも良くご存じの「バッタの大群」です。

 

昨年来東アフリカを中心に大量発生し、大移動中の「サバクトビバッタ」の大群が、

最近インド洋を飛び越え、ついにインド・パキスタンにまで本格展開し始めたようで、

このままだと今月中にその数は現在の500倍にまで膨れ上がり、今後中国や日本までやってくるのでは!?とまで噂されているのです。

 

サバクトビバッタとは日本にもいるトノサマバッタと同じ仲間に属する昆虫ですが、つねに大群をつくるわけではありません。

大雨が降って餌となる草がたくさん生える等のいくつかの条件がそろうことで大発生するそうです。

そうなると体が移動に適した状態へと変化するため、筋肉が増え、体の色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わり、

1日におよそ150㎞移動できる大群に進化していくというのです。

 

003_2

 

ものすごいスピードで真逆の生き物に進化するという驚異的なバッタのポテンシャルを初めて知ったことで、

今後自分がどのように変化し、進化していくべきかを模索すると同時に気付きました。

だから「仮面ライダー」が生まれたのかと…

 

因みに、サバクトビバッタは寒さに弱く、インドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えることが難しいため、

日本までたどり着く心配はないそうです(笑)

 

皆さんも次から次へとやってくる変化の波にうまくテイクオフしながら更に「進化したライディング」ができるよう、

「STAY STRONG」、「STAY POSITIVE」で前に前に突き進んでいきましょう!

https://www.instagram.com/p/CBCbPeMAFUo/

 

そしてこの激動の時代を乗り越えるべく、どこかでしっぽり決め込んだリアルツチノコを万が一見かけても、

どうかそっとしておいてください。

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports