« 2020年10月 | メイン

2020年11月

2020年11月30日 (月)

はい来たよ―――。

サロモンスノーボード スタッフブログをご覧の皆さまこんにちは。

おユミです。

 

きました!

ついに2021シーズンキックオフ‼‼‼

(メルマガ入稿日が丁度軽井沢OPENでしたのでタイムラグがありますが…)

順次スキー場がOPENし始め、ラニーニャ現象やインバウンドの減少などウキウキ情報をあてにしてお山へ向かう準備でワクワクが止まらない今日この頃です。

つかワクワク止まらず…ゲレンデOPENしたからここは空いているでしょ!!!

って勝手に思い込みSALOMONTEAM卒業生たちと向かってみました。

 

001

 

★レジェンドRIOは御坂の紅葉を見てなんて言ったでしょうか??

 

ですが…甘っかった…

コロナ緊急事態宣言以来こんなに人と密になることがなかった…!?!?って程。

御坂ローカルによると20年ぶりの混雑という。 みな同じ考えでしたね…w

それくらいシーズンを待っている人が他にも多いって事ですね。

 

002

 

003

  

去年よりパイプ大きくなっているし、来ている人たちのレベルもヤバ。激アツでした。

完全場にのまれてピヨピヨしていましたが、ふと隣にいるレジェンドRIOくんとカベも完全無言!w アウェイ過ぎてのまれまくっていましたー‼‼‼w 

でもメンツもよくみんなで楽しく滑れたので良しとしまーす。

しかし早くパウパウしたいですね!!

 

004

 

  

その後は恒例の熊崎圭人おすすめ油そばからの~

ライダー林陽介くんがクラウドファンディングしてプロデュースした

『清里NBスケートパーク』まで足を延ばしセッションしてきました。

 

006

 

廃校になった小学校のプールをリノベーションしてパークになっていました。

元々プールなので面はツルピカでぶっちゃけ私のレベルだと怖くてなんもできませんでした…。(豊洲のNikeスケートパークより滑る!)

 

これから徐々にパークアイテムが増えるみたいなのでまたランプとかできたら遊び行きたいな。コロナでスケート熱が再発しハマっていましたが、冬になったのでこれから全開雪山に向かいに行きまーす!

 

年内にサロモンスノーボードで試乗会も開催します。

是非皆さん遊びにきてください! 待ってまーす!!

 

007

 

御坂ローカル熊崎圭人とキンカジュウの一悟くん

 

★答え 『前田耕陽してる!』今どき男組がサラッと出てくるところがレジェンド…。

もちろんその場にいた子供たちは何のことだかまったく分ってませんでした。

 

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年11月20日 (金)

Dance Hallではありません

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

だんだんと寒くなってきましたね

雪の便りも例年より早く聞いています。そんな便りを聞いて今年こそは!ガンガン行くぜ!と思っている今日この頃です。

これだけ降り始めが早いと今年の冬は期待大ですね!

どうもHC TORUです!

 

さて、今回はDance Haulというモデルについてお話します。

 

1

 

Dance Hallではありません。でもDance Hallにかけていることは間違いありません。

このHaulはHaul Assというスラングで早いという意味があるみたいです。なので早い奴!という意味合いがこの名前には込められています。

というのもこのDance Haul、ウエストが太くタンクのように安定性がありますがかなり飛ばせます!

そしてなんとこのDance HaulはSALOMON のボード史のなかでも名機と謳われるDERBYをモチーフにして蘇ったボードなんです。Derbyはかなり前にリリースされたモデルなんですが、今ほどショートファットボードが当たり前ではなかった時代にジュッシュ・ダークセンのフィードバックによって生まれた傑作だったんです。小回りが利くけどスピードにも負けない安定性、バンクドスラロームやパウダーに最高の機種だったんです!

そんな名機を開発チームがぜひとも今のテクノロジーを使い蘇らせたいという想いから新たにDance Haulとして蘇らせたのです。

 

 

2


このボードはテーパードディレクショナル形状のおかげで、どんな雪のコンディションでも安定した機動力を発揮し、フリーライド中にフリースタイルな遊びを自在に繰り出せるんです。今世界中で巻き起こっているフリーライドブームに切り込めるパフォーマンスを持ち合わせた最高の一本なんです。フリーライディングはもちろんなんですが、やはりパウダーでの性能はピカ一です!ミドルフレックスのこの板は取り回しがめちゃくちゃ楽にできる板でパウダー、ジャンプ、フリーライディングを楽しめます。文句なしの浮力が味わえて最高のスプレーを飛ばせます。サイズは143 / 147 /152 / 157の展開になります。短くない?と思うかもしれませんが上記で書いているように全く問題なしです!自分も175cmですが152cmを愛用しています。ほんとにこの見た目にもやられますが乗り味にもメロメロです。ハイブリッドでカービングからフリースタイルまで楽しみたい方に是非とも乗ってもらいたい1本です!

 

ということで普通のボードでは物足りなくなってしまったそこのあなたにDance Haulはいかがでしょうか?

 

ということでご紹介しましたが、そろそろ本格的に購入を考えてる方は是非ご参考にしてくださいね!

それでは雪を待ちわびながらまた次回まで!

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年11月13日 (金)

諦めない心

雪降っていますね。

まだ僕が住んでいる日本のマチュピチュ、

いや日本のフィンランドには雪が降っていません。

山奥の暮らしにどっぷり浸かっているトシです。

 

去年までは、この時期全国を転々としながら接客したり、

お店のSTAFFさんと話したりとバタバタしているのですが、

今年はコロナの状況もあり、家でおとなしくしています。

おかげで家族との時間は増えたのですが、

正直、休みを持て余しています……。

皆さんご存じの通り、

ボクと言えばDIYにハマりただひたすらに何かを作ってきました。

 

過去記事↓↓

「我が家のDIY集大成!」

https://snowboardblog.salomon.co.jp/2020/05/

「道具って大事!」

https://snowboardblog.salomon.co.jp/2020/07/

 

家族に求められるものを作り、楽しんでいたのですが、

ある程度時間を見つけて作ってしまったので何も頼まれなくなってしまったのです……。

するとどうでしょう。

何かを作っていないと落ち着かない身体になったボクは、

休日に何をしていいのかわからなくなったのです……。

何か予定があればいいのですが何もなく家で過ごす休日に恐怖を覚えはじめました。

 

そんなある日これまで作ってきたものの端材を整理していると……

 

001

 

ヒノキの角材90mm×90㎜を発見。

いい香りがするし、どこかもったいなくて捨てられなかっただけですが、

すごく気になってしまい、ひたすら活用方法を考えましたが、

答えが出ずにモヤモヤしていました。

そんなある日、我が家の近くにあるフィンランドをイメージしたテーマパークで、

カバみたいなキャラクターの写真を娘たちと撮っているといいものを発見!

そこではカップル、おばちゃんグループが木材を必死にシコシコこすっていました。

この瞬間、捨てられなかった角材がとても魅力的な素材に変わったのです。

家に帰り、なんとなく木材に印をつけてざっくりカット。

 

002

 

なんとなく形が見えてきました。

あとは自慢の工具と鍛えぬいてきた右手でひたすらコスるのみ!

休日は朝から作業に入り、木の粉で全身真っ白になっている様子を見て、

「何になりたいのかわからないね(苦笑)」と家族。

でもいいのです。

没頭できる何かが見つかったボクは止まりません。

 

いよいよ作業も大詰めとなったある日のこと……。

 

コンコンコン。

シュッシュッシュッ。

ゴリゴリゴリ。

 

コンコンコン。

シュッシュッシュッ。

ゴリゴリゴリ。

 

コンコン、コンッ!

 

……

 

……………

 

……………………。

 

003

 

ずっと優しくしていたのに少し力が入った瞬間に……。

さようなら……。

全身の力が抜け、ヒザから崩れ落ちました。

かなりコツコツと作業していたのでダメージがデカく諦めようとしていたら、

娘「それでコーヒー飲むんじゃないの?」

ボク「そのつもりだったけど壊れちゃったから、もう止めるよ」

娘「途中でやめちゃダメなんだよ」

まさか、娘に“諦めない心”について言われると思っていなかったので、

かなり刺さりました。

ボク「そうだね。もう一回頑張ろうかな。保育所ではそういうことも教えてくれるんだね。すごいねー」

娘「違うよ。Youtubeだよー」

ボク「…………(苦笑)」

子どもの相手もせずにコツコツやっている間に

どこかのYoutuberに諦めないことを教えてもらっていた娘。

世の中のお父さん、お母さん、“アン〇ンマン”や“ドラ〇もん”だけでなく、

YouTubeでも子ども立派に成長します(爆)

 

そこから、諦めないで1から作りなおして、

実働、約1週間ほどかけてコレが出来ました。

 

004

 

ククサ(木製のマグカップ)。

フィンランドの伝統工芸品で大事な人にプレゼントとして贈ったりするそうです。

ここから水がしみ込まないように処理をするのですが、

この形にたどり着いたことで一旦満足。

なんの心残りも無くシーズンインできそうです。

 

まだまだ先が見えない世の中ですが、

諦めない心で今シーズンも最後まで仕事と遊びに全力で臨みます!

Withコロナを意識すれば今シーズンも最高に楽しいはずです!!

とりあえず、板にWAXをかけて、

今シーズン復活するご近所ゲレンデ「狭山スキー場」にアタックしたいと思います。

では!

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports