« 2020年8月 | メイン

2020年9月

2020年9月 7日 (月)

PRO SERIES season 4 #3

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

いやー毎日暑いですねー

外出するとすぐに汗だくで、替えのTシャツは必須です。

 

おっさんの汗って嫌ですよね。

おっさんながらにも思いますわ。。。

 

でも!

もうすぐ秋。夜になるとだいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきました。

秋そして冬が待ち遠しいです!

どうもHC TORUです!

 

さて、今期で4シーズン目となる最高峰の限定モデルPRO SERIESのラインナップを先々月からご紹介していますが、そろそろショップディーラー様へも納品が徐々に始まってきていますPRO SERIESのラインナップですが、数量が限られていますので皆さんも是非お近くの取り扱いディーラーへ予約しに行ってくださいね!

 

今回紹介するのはこの限定PRO SERIESの中でもフリーライディングに最適のモデルをご紹介します!

そしてその中にはリニューアルしたシグネチャーモデルもありますので楽しみにしてくださいね。

 

1_2

 

まず最初にご紹介するのはまさにフリーライディングをギュンギュンに楽しむのに最適な1本のSPEEDWAY です!

このボードはバックシートキャンバーというキャンバーで後ろ足にキャンバーが入ったタイプのモデルになります。後ろ足に加重してライディングすることでダウンヒルでの驚異的なスピードをだすことができる正にタンクのようなボードです。

ディレクショナルテーパードシェイプとバックシートキャンバーをミックスすることでエッジング中でも力強さと高い操作性を生み出してくれます。

さらには軽量でありながらしっかりとしたハリも持ち合わせているのでこれまでにない取り回しの良さで最高のパフォーマンスを可能にしてくれます!

興味のある方は是非!来シーズンの相棒の候補に入れてくださいね。

 

2_2

 

次にご紹介するのが、根強いファンが多い ULTIMATE RIDE

遂に、遂に!リニューアルされました!

 

全く新しいシェイプになって登場します!

ライダーの、ボディー・メレルが提案するのは、どこかレトロな昔の懐かしい形状を彷彿とさせる、だけれども機能は現在の最高なテクノロジーをミックスして作った最高傑作です。

 

テールの形状がとてもユニークでパワフルなフレックス設定でありながらトーションはしっかりと使えるのでライディングは快適そのものです。

今までのULTIMATE RIDEのキレキレのパキパキとした乗り心地をもっとメローにしてよりフリーライド性能をましたまさに究極のオールラウンドボードに仕上がっているのがNEW ULTIMATE RIDEです!

 

3_2

 

最後にご紹介するのは言わずと知れたオールラウンドの名機 ASSASSIN PRO です!

様々なフィールドコンディションで活躍するオールラウンドボードですが、パウダーでの浮力、ハイスピードでの安定性、そして程よいフレックスから繰り出されるジャンプでのポップ力そのすべてを兼ね備えています。これ1本で北海道のパウを責められることはもちろん、コンディションによってボードを変えるのは面倒だという方にはまさにオールラウンドにすべて対応してくれるのがこのASSASSIN PROです。

 

ということでご紹介しましたが、そろそろ本格的に購入を考えてる方は是非ご参考にしてくださいね!

次回はさらに他のPRO SERIESラインナップをご紹介ますのでお楽しみに!

 

それではまた次回まで!

今年のBlog記事はプロシリーズの紹介で終わっちゃいそうだな~

  

 

 

 

 

  

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

歴史あるあるサロモンスノーボード ライダー

サロモンスノーボードスタッフブログをご覧の皆さまこんばんは。

今回の当番はおゆみでございます。

 

1997年サロモンスノーボードがスパイラルマーク(うずまきみたいなやつ)だけのグラフィックで勝負に出た1モデルのみで誕生し今年で23年になります。

 

翌年1998年ではスノーボードで初めてオリンピック種目になり長野の上林スキー場で行われた

HP(ハーフパイプ)部門でサロモンスノーボードライダーであるダニエル・フランクが銀メダルを獲得したのをはじめ、X-GAMES HP部門でミッシェル・タガ-トが金メダル、Air&Style でデビット・ベネテックが優勝、ソルトレイクオリンピックHP部門ファビアンヌ・ルーテラーが銅メダルと外国人ライダーが大活躍していました。そして2005年サロモンスノーボードジャパン激震の年

 

皆さん何の年だか分りますか??

はいヒント!

 

1

 

ハリウッドスターでもあるライオ田原がサロモンスノーボードジャパンに加入し日本人のニーズに合わせた商品開発がスタート!!

スターの移籍は当時かなりの話題になりましたね~。(完全おゆみ視点)

さすがスターらしく彼から繰り広げられた発想の開発はサロモンスノーボードにとって今でも宝です!!

 

そこで日本人歴史あるある元祖ライダーと言えば…

平住慎一・佐久間洋・神森正義・金田由貴子・須藤桂・井上敦司などが初代で始まり

その後大田宜孝・大西泰三・山岡そうこ・大谷美果・住職・柳沢景子と続いていって

オリンピアンの平岡卓・工藤洸平・浜崎あゆみ・壁田竜一・テディ・熊崎圭人・星野文香・脇田壮希・山根俊樹…などなど全部載せきれないけど卒業生たちも素晴らしい面々。

卒業生といっても皆さんまだスノーボードは続けていて、SALOMONSNOWBOARDSアイテムを使ってくれています!

 

元祖の陶芸家洋くんはSHADOWFITバインがお気に入りみたいです。野沢温泉の若女将であるユキちゃんはSICKSTICを乗ってくれています!で、スターはやっぱしHPS!!

井上あっちは息子初めてのボードデビューにTEAM PACKAGEを乗せてくれました!!

SALOMONファミリーいい感じですね☆

 

2

 

去年の春お台場CHIMERA GAMESのサロモンブースであっち親子がボードデビュー

かなり汗だくで真剣に教えていますが…

 

そうあっちといえば今年ジンギスカン屋をOPENし、しかもうちの実家からお店が近くでしたので地元ITBクルーwithリアルツチノコとサツアイ入れてきました!

 

3

 

4


5

  

ジンギスカン酒場 くらむ 大山店

https://qlamb.jp/

https://www.instagram.com/qlamb.jp/

 

本人が直接北海道へ行き最高なジンギスカンを求め見つけたラムは奥深い最高な一品ですね!

どれも美味しかったな!

壺カルビも何壺オーダーしたか分からないくらい美味しくておススメです!!!

 

6

 

こうしてレジェンド達は別のフィールドでも大活躍しています!

いつか卒業生や現役ライダーそしてSALOMONファンの人たちと一緒に山で集まれたら最高ですね!!!

皆さんと一緒にサロモンスノーボードの歴史に触れてみたいです!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports