« 2020年5月 | メイン

2020年6月

2020年6月24日 (水)

プロシリーズ シーズン4

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

徐々に新しいスタイルで通常の生活にもどられてきているのではないでしょうか?

 

私たちサロモンでも新しいライフスタイルで業務を遂行して外出など徐々に日常を取り戻しつつあります。

 

最近は雨が多くじめじめしてなかなか思うように動けないですね。

夏には海に行ったりとできることを祈っています。

 

覚えてくれましたか?

プロダクト担当のHC TORUです。

 

 

P1

プロシリーズ 

 

 

さて、今期で4シーズン目となる最高峰の限定モデル“プロシリーズ”のラインナップを紹介していきたいと思います!

 

プロシリーズはご存知の方も多いと思いますがフリースタイル、フリーライドそれぞれのカテゴリーのトップモデルを集約した数量が限定されているラインナップです!

 

シグネチャーモデルをはじめ多くのサロモンスノーボードライダー達が愛用していることで、プロシリーズと呼んでいるのです。

 

数量が限定されているだけではなく、店舗のみでの販売オンリー!インターネットの販売では出回らない希少なラインナップなんです!

数量が限られていますので皆さんも是非お近くの取り扱いディーラーへ予約しに行ってくださいね!

 

さて、今回紹介するのはこの限定プロシリーズの中でも毎年特に注目度の高いHPSシリーズ(ヒルサイド プロト シリーズ)の中井孝治シグネチャーモデルです!

 

PHPS TAKA × WOLLE

 

HPS TAKA × WOLLE”は、中井孝治がプロデュースしてヴォレ・ナイベルトがシェイプした最高傑作です。

毎年乗られている人でもまた違った乗り味が楽しめるように中井自身がアップデートを施しているのですが、今シーズンはさらにアップデートがされています!

 

今期はアウトラインを変更せず「軽さ」のバランスを整えました。テーパードディレクショナル形状なのでスピンしたときにノーズが重いと感じていたのを軽減しています。

 

ノーズの接雪しない部分に軽量なハニカムとコルクをミックスした素材を入れました!

こうすることで重いと感じていたノーズの動きが格段に軽くなったのです。

 

それに加え前足のインサートも減らし最大スタンス幅を狭めにとるようにすることでこのボードのパフォーマンスを最大限に発揮できるよう、中井の勧めるセッティングを反映しました。

 

そしてさらにたくさんの声ももらっていたサイズの追加もされました!中井の希望で170cm以上の人にもこのモデルの良さを知ってもらいたいので身長のある方でも楽しめるように“161cm”がサイズレンジに追加されました!

 

是非是非このアップデートされたHPS TAKAを乗ってみてくださいね!

 

P_2

 TAKA SPLIT

 

そして次にご紹介するのが、パフォーマンスも人気もそうなんですがこの最高傑作のHPS TAKAに今期は待望のスプリットボードが登場します!

 

今までサロモンのスプリットなかなかいいんだけどねーっとなかなか選択肢に入らなかった方もいたかと思います。

 

ですが!

今期は満を持して中井本人も全く同じ意見で自分のHPS TAKAをスプリットにしたら日本の地形にあった最高のスプリットができるんじゃないかということでHPS TAKAのスプリットが登場します!

 

スペックをそのままに日本のように斜度が多く木々が密集して、積雪の豊富なエリアが多いところでも自由に扱えるようなスペックに仕上がっているのがこのスプリットです。

これからスプリット買ってみようかなと思っていた方はぜひこの“TAKA SPLIT”もご検討いただければ幸いです!

 

 

P4

 HPS DISTRICT

 

 

今回最後にご紹介するのがこの進化したHPS DISTRICTです!

 

今期は中井がかねてより希望していた、カントを取り除くことでよりナチュラルな動きを実現することができました!

 

つま先に搭載されていたガスペダルのカントをなくすことで、彼の思う踏んだら踏んだ分だけ反応してくれるというまさにマニュアルスノーボードをコンセプトに今回は作りました!なのでよりマニュアルな感覚で使うことができます!

 

中井曰く「2年目にしてかなり納得のいくプロダクトが造れました!」

 

より進化したHPS DISTRICTをご堪能ください!

 

ということでご紹介しました 中井孝治がプロデュースするプロシリーズのラインナップをぜひぜひ使ってみてくださいね!

次回はほかのプロシリーズラインナップをご紹介しますのでお楽しみに!

 

それではまた次回まで!

 

アディオス!!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

やっぱりボーダーはスタイル重視でしょ!!

サロモンスノーボードメルマガ会員の皆さんこんにちは。

小池で~す!

皆さん変わりなく元気ですか??

 

意外に2回目のブログが早く回ってきて何も思いつきません…(笑)

 

とりあえず…

私たちスノーボードチームは引続きテレワーク継続中で、いまだに日常を模索し続けています。

変化しつつあるこの状況に『進化』と『新しい日常』を取り入れなくてはいけない現状ですが、

自粛生活であるあるだった『断捨離』『DIY』『cooking』『自分と向き合う』など殆どの人が

やったよ!ってヤツの…withコロナ おゆみ ライフスタイル編の一部をどうぞ…

 

1

断捨離してたら懐かし写真発見!!みんなカワイイ✨

 

まず断捨離は小さい物から大きいモノまでヤッちゃいましたね~。

しかもやり始めたら止まりません。実家に行ってまで断捨離をし、しまいには終止つかず実家は放置。あるあるですね~w

 

DIYではありませんが作ったものと言えばプランター菜園。

今年の【おゆみ農園】は

パクチーが盛り上がっちゃいまして毎日パクチー三昧です!

他にはとっても甘かったプチトマト・大好きなおかひじき・小葱・勝手に生えてきた大葉・

オリーブ・トシメン家から引っこ抜いてきたミントです。

どれもこれも珍しく成功です!

パクチーは種を採集してまた来年の楽しみにしたいと思います。

全て無農薬なのでムシがパッないです。

とてもキモいです。。。。

 

Photo

おゆみ農園 ミントはモヒートに❤

初めて見たパクチーの花。

虫嫌いな方…すみません。

黒いやつはパクチーの茎についたハダニくんです。早く種を採取して根っこを素揚げしておつまみにしたい!!!

 

そして『おゆみ農園』でできたかわいい子たちはしっかり『スナックおゆみ』で頂きました。

 

3

おゆみ農園 ミントはモヒートに❤

 

4

スナックおゆみ パクチー三昧

 

振り返ると、コロナのおかげで時間ができ、『自分との向き合う時間』も出来ました。

こんなに自分の事や家族の事考えたことなかったので、改めていい時間になりました。

 

自分スタイル探し!『ヨコノリ』の人たちは特にスタイルにこだわりますよね!!!

ファッションや体形など見た目のスタイルやライフスタイルなど様々でスタイルを追求しています。

(ライディングはもちろん、全てにこだわりがあるからライダーはいつもカッコイイ!!!)

人と一緒じゃなく自分だけのスタイルを探すのが得意だと思います。

人や時間に流されるスタイルより自分のスタイルが大事!!

そんなスタイルを模索する時間ができて、ある意味勉強になったのですが、

なんせワタシは寝て起きたら忘れるタチなので身になっているのかは今後に期待です!!

 

皆さんもどうお過ごしでしたか??

 

特にこれっていう面白話はありませんでしたが、まだ自分スタイルが定まってない方

是非時間がある今、模索してみてください! 

 

色んな自分の可能性に妄想が暴走です!!!

 

なにか面白い過ごし方やスタイルがありましたら是非教えてください!

勇気を出してコメントを! そしてスナックおゆみで暴走を語らいましょう!w

 

5

スタイル探しなのか再びチャレンジ!ただいまランプ猛特訓中!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年6月10日 (水)

「変化を進化に」

サロモンスノーボード メルマガ会員の皆さまこんにちは!

前回の投稿から早半年…新型コロナウィルス感染症が世界を大きく変えてしまったことは言うまでもありませんが、

まずはこのメルマガをご覧になっている全ての皆さまが無事、健康で変わらず元気にヤッておられることを願っております…。

 

最近は流行りの〇〇ワークやオンライン〇〇にチャレンジする日々を過ごしながら、

気が付けばもうかれこれ2か月以上全く会社へ出社していないので…

ついに社内で「リアルツチノコ」へとアップグレードしたサロモンスノーボードチームの「元ツチノコ」吉田A-KILLERです。

 

何かと「変わらなければいけない」今日この頃、この変化の中で求められる「新しい生活様式」に少なからず抵抗を持ちつつも、

「自分、不器用ですから」といって受け入れないわけにもいかないため、

自分自身、「新しい生活様式」へ向けた「はじめの一歩」を踏み出してみることにしました。

 

001_4

 

というわけで、どうせもうしばらくは存在感ZEROが続く「リアルツチノコ」、今月から小学校1年生始めてみました(笑)

日課となった朝顔の水やりに始まり、田舎暮らしのため小学校までまさかの「4Km」というアメージングな距離を毎日トリップ。

今後の登下校で数々のネバーエンディングストーリーが待ち受けていることは確実ですが、

「途中でトイレに行きたくなったらどうしよう?」そんな不安だけがいつも頭をよぎっています…

 

002_2

 

真夏日という過酷な条件の中、無事学校に到着すると校庭の外れには目を疑うほど難易度の高いパークが…。

調子に乗った大人たちは間違いなく一瞬でケガするやつですね、これは。

もし冬に雪が積もったらバッチリスノーボードで良い画が撮れるよう、オフシーズン中に時間をかけてしっかり地形を見極めておきたいと思います。

 

そんな平和な「はじめの一歩」を今後脅かす可能性があるかもしれない、どうしても気になることが…

そう、皆さんも良くご存じの「バッタの大群」です。

 

昨年来東アフリカを中心に大量発生し、大移動中の「サバクトビバッタ」の大群が、

最近インド洋を飛び越え、ついにインド・パキスタンにまで本格展開し始めたようで、

このままだと今月中にその数は現在の500倍にまで膨れ上がり、今後中国や日本までやってくるのでは!?とまで噂されているのです。

 

サバクトビバッタとは日本にもいるトノサマバッタと同じ仲間に属する昆虫ですが、つねに大群をつくるわけではありません。

大雨が降って餌となる草がたくさん生える等のいくつかの条件がそろうことで大発生するそうです。

そうなると体が移動に適した状態へと変化するため、筋肉が増え、体の色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わり、

1日におよそ150㎞移動できる大群に進化していくというのです。

 

003_2

 

ものすごいスピードで真逆の生き物に進化するという驚異的なバッタのポテンシャルを初めて知ったことで、

今後自分がどのように変化し、進化していくべきかを模索すると同時に気付きました。

だから「仮面ライダー」が生まれたのかと…

 

因みに、サバクトビバッタは寒さに弱く、インドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えることが難しいため、

日本までたどり着く心配はないそうです(笑)

 

皆さんも次から次へとやってくる変化の波にうまくテイクオフしながら更に「進化したライディング」ができるよう、

「STAY STRONG」、「STAY POSITIVE」で前に前に突き進んでいきましょう!

https://www.instagram.com/p/CBCbPeMAFUo/

 

そしてこの激動の時代を乗り越えるべく、どこかでしっぽり決め込んだリアルツチノコを万が一見かけても、

どうかそっとしておいてください。

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports