« 2019年8月 | メイン | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月25日 (水)

スノーボード上達にむけてやる事。【岡部編】

皆さんこんにちは。入社後10ヵ月が経過し、徐々に筋力が落ち体重が増えおります。

岡部です。

 

SALOMONチームに入ると10kgは体重が増加するとまわりの先輩から警告をされました。

健康面への影響はもちろん、自分が思うように身体が動かなくなることは避けたいものです。。

 

夏も終わりが近づき、メルマガ会員の皆様も徐々に冬が気になる頃だと思いますので

今回は少しスノーボードに関わる事を書いていこうと思います。

 

  閲覧注意! 

写真クリックでモザイクなしが見れます。

 

スノーボードは楽しいスポーツですが、一歩間違うとこのような惨事にもなり得るリスクもあります。※写真は5年前?のM越先輩

 

むかしむかし、僕が横ノリスポーツに没頭していた時代に、ある方から怪我のリスクを減らすため、機能的な身体を手に入れる必要がある事を教えていただきました。

その為に必要な事の一つが【水を飲む】

 

最初は水かぁ。。と思ったのですが、人のからだには体重の60%相当は水分が含まれているらしいですね。

 

02_2

 

当初勧められて読んだ本にそう書いてありました。更に本を読み進めてみると腎臓のページに、人は一日に200ℓもの尿がろ過され、最終的には1.5ℓほどの尿がつくられているのです。

これを知って納得したのですが、だから水分をしっかり摂る必要があるのだと。

 

その他にも色々と臓器についての解説が書いてありましたが、多すぎるので割愛します。笑

人のからだってよくできていて、ちゃんと機能していれば毒素を排泄して健康的で機能性の高い状態をつくってくれるのですね。

 

スノーボードの練習をして上達を目指す為に、幼少期から虚弱だった僕はこのような事から取組む事が効率的な上達への道だと知ったのです。

 

03_2

 

水分補給をしながら基本的なトレーニングも必要ですが、最近はその時間を確保するのも難しくなっているので、空き時間で2歳の娘と共に逆立ちからスタートしたいと思います。

次回のブログ更新ではまた違う部分の【上達へむけてやる事】を書いてみたいと思います。

それではまた!!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年9月24日 (火)

PRO SERIES season 3 もとい season 2

この間の台風、関東を直撃しましたが本当にすごかったですね!

夜中にあまりの雨と風の強さに目が覚めて、心配で眠れなくなりました。

 

台風も来ましたが気がつけば季節はもう秋ですね。

皆さん、夏らしいことはできましたか?

ということで、どうもHC TORUです。

 

01_3

 

さて、タイトルを見て、ん?と思った方もいらっしゃると思います!

前回3年目になると言ったPRO SERIESですが、実は2年目でした!

 

なぜ間違えてしまったかというと、なぜならちょうど次の年のことについてやっている最中で頭がそっちに行ってしまってました。。笑

これ業界あるあるなんですよね~

言い訳ですかね。。。

 

ということで、今回も2年目となるPRO SERIESの商品群を今月も紹介していきたいと思います!

 

 

さて、今回紹介する限定PRO SERIESは

あなたの理想とする完成度の高いライディングを可能とするボード、バインディングそしてブーツをご紹介します

 

02

 

まずは、全ボードラインナップの中でずば抜けたスイングウエイトの軽さを誇る【SPEED WAY】です!

コアが軽いのはもちろんのことですが、ノーズとテールはハニカム構造に独自に開発した亜麻をミックスしたファイバー素材C/FXを採用しているのでノーズとテールを軽くするだけではなく、エッジング中のパワーとコントロールを確保してこれまでにない取り回しの軽さを可能にしてくれます。

 

バックシートキャンバーで後ろ足にキャンバーがついていますが、反発があってトーションを使いやすいのでカービングやパウダーは間違いなく使いやすいですが、直進の安定性も抜群にあるのでボーダークロスのような用途でも使い易いと思います。

 

正に、最高のフリーライディングマシーンとなっていますので反発のあるディレクショナルボードをお探しの方にはぴったりです

 

03

 

次にご紹介するのは、ボディー・メレルがプロデュースするアラスカのビッグヒルからパークやレールまでをこなせるそんな究極の1本、【THE ULTIMATE RIDE】です!

 

小回りが効いて、高速でのライディングや大きなジャンプができて軽い、あらゆるフィールドやコンディションでも抜群の操作性と安定性を発揮する全地形型おボードを目指す上で、選んだ形状はクワッドキャンバーという通常のクラシカルなキャンバーよりも少し遊びがあるような印象のハイブリッドキャンバーを採用しています。

 

このキャンバーは安定感はしっかりしているのでスピードを出しても確実にグリップしてくれるエッジングがコントロールをしっかりと確実にしてくれるんです。

US SNOWBOARDER MAGAZINEが選ぶBLACKBOARD EXPERIMENTで総合優勝にも輝いたことがある自他ともに認める究極のボードを是非!

 

04

 

次にボードも高いパフォーマンスを持つものが多いですが、バインディングも高い反応性とクオリティーを備えたそんなバインディングを求めている方も多いはずです。

 

ハイバックにはフルカーボンを搭載した最速のレスポンスを持ち、足首の自由を損なわないサロモン独自のバインディングシステムSHADOW FITがハイブリッドした万能のモデルの【QUANTUM】です!

 

ベースプレートにもカーボンが採用されているこのQUANTUMはどんな状況下で対応しますが、ボーダークロス、ハーフパイプ、ビッグキッカーなどの特にハードな状況下では無敵のバインディングとなっています!硬めだけど、足首がしっかりと使いたいという方にはぴったり!

 

05

 

そして最後に、ご紹介するのは【TREK】というブーツです!

このブーツにはS/LABというSALOMONブランドの長い歴史の中でSKIのRACINGシリーズ、すなわちSALOMONの革新的な技術として認められたもののみが付けることが許された称号で、TREKはスノーボードとしてはじめてS/LABをつけることが許されたモデルなのです。

 

TREKはHIKE&RIDE BOAを採用し、独自のモバイルカフテクノロジーを使用することでハイクモードやタイムトリップモードへと変換可能なので、パフォーマンスを落とさずにバックカントリーでの機動性をUPするだけではなく疲労も軽減できる優れもののバックカントリーに最適のブーツとなっています!一度履いたら、離れられなくなる履き心地です!

 

ということで、涼しくなってきて過ごし易い毎日ですが体調には気をつけて冬をまつこととしましょう!

次回で他のPRO SERIESのモデルを紹介する最終回となりますので、風邪をひかないように待っていてくださいね!

 

それではまた来月!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年9月 9日 (月)

最近気になるブラック◯◯◯。

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガ会員の皆さま、こんにちは!

 

夏が過ぎ風あざみ、青空に残された私の心は夏模様

季節は少しずつ秋めいてきましたが、

相変わらず1ミリも存在感のないSALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

 

冬のにおいがし始めた今日この頃、2ミリほど仕事をし始めたわけですが・・・。

普段からあまり仕事をしていない自分にとっては色々と悩み事が増え出す時期でもあります。

 

そんな時は空を見上げて深呼吸・・・ん?・・・見えた!

というわけで、今日は最近ずっと気になっている人類が初めて実体撮影に成功した

ブラックホールについて少しだけ・・・ん?・・・興味ないですか?

 

001

 

皆さんよくご存知だとは思いますが、

ブラックホールとは、あまりにも質量が重く(およそ太陽の65億倍)、重力が強すぎて光すら出てこられない状態になった天体のことです。

私達は普段地球の重力に縛られていますので、ジャンプをすると必ず重力によって引き戻され地面に着地します。

この重力から開放されたい!と何度思ったことか・・・。

※参考までに、自分も宇宙に飛び出したい!というかたは重力を振り切って宇宙に飛び出すために秒速11km以上のパワーが必要となります。

 

今回は地球上にある8つの電波望遠鏡をネットワークで繋げ視力300万!!

(人間を1.5としたときの視力。これは月にあるテニスボールを地球から撮影できるという驚きの性能です)

という超高性能の電波望遠鏡を用いて撮影されました。

 

およそ100年前にブラックホールの存在を予測したアインシュタインはまさに天才。

そしてブラックホールの謎を解き明かすことが、宇宙や生命の誕生の謎を解き明かすことに繋がる・・・。

そんな壮大な謎を目の当たりにすると、自分はなんてちっぽけなことを悩んでいるのかと我に返り、

ふと足元を見るとそこにはブラックドッグ・・・。

 

002

 

家族になってちょうど5ヶ月。色んな意味で惹きつけられる存在ではありますが、

まだまだこちらも解明できない謎だらけです。

 

最新の研究では、全てを吸い込むと考えられていたブラックホールが

実は強力なガスと大量の物質を放出していることがわかっています。

 

003

 

気が付くと我が家のブラックドッグも大量の物質を放出していることがわかりました。

 

そんなこんなで「ツチノコ」も皆さん同様、冬に向けて少しずつチョメチョメし始めますので、

万が一どこかで見かけても、どうかそっとしておいてください。

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports