« 2019年7月 | メイン | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月19日 (月)

眠れぬ夜はあなたのせい

皆さん、ご無沙汰してます。

去年の夏から禁煙を始めて一年が経ちました!

水越、もう大丈夫です。

 

さてさてさてさて、

2019年も令和になって四ヶ月が経ちますが、皆さんの生活に何か変化はありましたでしょうか。

 

聞いといてアレですが、自分は特に変化はありません!

がしかし、

世界で考えると2019年は人類が地球以外の星(月ですね)に降り立って50年という歴史的な年なんです。

(あ、毛量はまた心なしか減ったかも…)

 

01_3

 

…やはり強引な前振りからの本題ですが、

そんな記念すべき2019年、自分も何か成し遂げなければとずっと眠れない日を過ごしてました。

 

ちなみに自分は寝る時に腕を頭より上にあげて寝るとほぼ100%の確立で金縛りにあいます。そんな金縛りにあった怖い夜、静かに見守ってくれていたのは優しい彼女…

ではなく綺麗な月でした。

 

あまりにも綺麗だったので撮影してみました。

 

02_3

 

うん、全然上手く撮れない…何これ?って感じ。

昔のブログで、「カメラが趣味なんです」なんて言ってしまいましたが、最近はもっぱらiPhoneカメラ。

けど、それじゃ月は綺麗に撮れない。そんな時に見つけたのが「MuseCam」というアプリ。これがかなりの優れたアプリで、実際にこのアプリを使って色々と条件を合わせて撮影してみると…

 

03_3

 

スーパーど素人のiPhoneカメラマンでも見事に綺麗な月が撮れました!

撮影した日は、月が土星に接近していた日なので右上に土星が見えてますね。

(見えた!って思った人はきっとパソコン画面のホコリかなにかです 笑)

 

 

先日、とある子に「水越さんのブログってスノーボードと関係無いことばかりですよね?

今回の宇宙ネタとスノーボードをどうやって繋げるんですかー?」と100%PURE EYESで聞かれました…基本繋がりません。ごめんなさい。

 

次回はスノーボードの話でもしようかな 笑

 

それでは皆さん、眠れぬ夜にはぜひ夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。

 

以上、それでは次回のブログもお楽しみに!

 

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

PRO SERIES season 3

暑い!いやー暑いですね!通勤で毎朝、駅にいくだけで汗だくでいやです笑

先月とはうって変わって一気に夏になりましたね!

 

今年はまだ海に行けていません。早く行って全身日焼けをしたいもんです!

 

皆さんは、夏を楽しんでますかーー?

ということで、どうもHC TORUです。

 

01_2

 

さてこんな暑い夏の最中ですが、徐々に来季20-21の商品が倉庫に入荷してきています!そんな中でも今年で3年目になる限定モデル最高峰のPRO SERIESの商品群にフューチャーしてみたいと思います!

 

このPRO SERIESはフリースタイル、フリーライドそれぞれのカテゴリーのトップモデルを集約した数量が限定されているラインナップです!

 

シグネチャーモデルをはじめ多くのSALOMONライダー達が愛用していることで、PRO SERIESと呼んでいるのです。

数量が限定されているだけではなく、店舗のみでの販売オンリー!インターネットの販売では出回らない希少なラインナップなんです!

 

皆さんも欲しいなと思ったら、是非お近くの取り扱いディーラーへ予約しに行ってくださいね!

 

さて、今回紹介するのはこの限定PRO SERIESの中でも特に注目度の高いHPSシリーズ(HILL SIDE PROTO SIREIS)の商品を紹介します!

 

 

 

02_2

 

HPS TAKA X WOLLEは、中井孝治がプロデュースしてヴォレ・ナイベルトがシェイプした最高傑作の3シーズン目ですが皆さんもう乗られましたか?

 

もう乗られた方もそうでない方もニューモデルは昨シーズンとは違った乗り味を皆さんにお届けします。

昨年までの低速域での扱い易さを意識したものから、来季は逆に正反対で高速域や急斜面で安定感を求める人にもオススメできるフレックスを意識して作っています。

 

中井が去年買った人でも、今シーズンはまた違った乗り味が楽しめるようにとアップデートをしました。

 

19-20モデルはカーボンを追加しているのです。

そうすることで荒れたバーンも楽に滑ることができ反発もアップしていますし、

ノーズがバタつきにくくなりテールも抜けにくくなりカービングのキレや加速していくような伸びが増すのです!

 

同じアウトラインでも昨年モデルと乗り心地が違うので乗る楽しみが増えますね!

 

03_2

 

次に注目するのは、中井孝治プロデュースのDISTRICT HPSです!

 

ソフトヒールカップを持ち、ジャンプからパウダーライディングまで全てのフィールドで足首の自由を制限しないオリジナルテクノロジーのSHADOW FITですが、中井は特に足首の自由度を求めるのでこのDISTRICT HPSはシリーズの中で最も柔らかいソフトヒールカップを採用しています。

 

さらにはシリーズの中では足首の自由を損なわないために硬いモデルで採用している柔らかなShadow Liteアンクルストラップも採用。

中井孝治のライディングを最大限に発揮できるようにあえて足首の自由度が増すようにこのストラップを採用しています。

正にShadow fitシリーズ1の自由度を存分に味わえる中井孝治スペシャルモデルです!

 

04_2

 

 

今季新たにHPSシリーズにラインアップされる HPS SALOMON X ASMO 157cmはヴォレが自身で手がける雪板ブランドのASMOとのコラボで、ヴォレがずっと形にしたいと夢見ていたドリームボードなんです!

 

このパウダーボードはASMOのボードコンセプトとスペックをベースにデザインしていて浮力を生み出すワイドなシェイプを持っていますが、レスポンスの良さは損なわないのが特徴です。

スピードはしっかり出せるけど、コントロール性能は落ちないように緻密にデザインされたシェイプはパウダーライディングで究極の乗り心地を提供してくること間違いなしの注目モデルです!

 

05_2

 

そして最後に、ヴォレがプロデュースする2つ目のモデルがこのHPS SALOMON x ASMO 159cmです!

157cmがドリームパウダーボードならば、この159cmはフリースタイルパウダーボードなんです!

ノーズを長めにしたテーパードシェイプでアラスカのビッグラインからバンクドスラロームのようなアイシーなパークでも乗れるように考えているんです。

まさにどんなコンディションでもフリーライドやバックカントリーをフリースタイルに滑るための一本となっているんです!

 

このモデルは限定50本しか販売されない希少なモデルなんです!キャンペーンに応募されて当選した方だけが購入できる権利を獲得するということをしたところ、あっという間に売り切れてしまいました。

 

購入したかったのになーという方も、今後もこのモデルの展開がある際はチャンスがあるかもしれないので乞うご期待ください!

 

ということで、暑い夏真っ只中にお届けしてきた今季代注目のHPSシリーズをご紹介しました!次回は他のPRO SERIESのモデルをご紹介していきますので夏ばてには気をつけて夏を楽しんでくださいね!

 

それではまた次回まで!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年8月 1日 (木)

1年前は断 裂男。そして今年は満 喫男

梅雨が明けてようやく“夏!!”って感じですね。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

海に山、川、花火、BBQ、フェスとイベント盛りだくさんなだけにスケジュール調整が難しいですよね(笑)。

僕はと言いますと、“失った夏”を取り戻すためにスケジュールをギチギチに詰め込んで満喫中です!

……

…………

………………“失った夏”!?

このSTAFF BLOGを愛読されている方はタイトルで失笑しているかもしれませんが

ご無沙汰しております……断 裂男です。

 

001_2

 

昨年の今頃はアキレス腱を断裂し、辛いリハビリ生活を送っていました。

そのため僕にとっては2年ぶりの夏なのです!

(昨年の夏⇒⇒⇒『GOOD BYE アキレス腱!』)

https://snowboardblog.salomon.co.jp/2018/07/good-bye-0a7f.html

ということで、とにかく満喫している僕の夏をお話しします。

正直、興味ないと思いますが完全復活した断 裂男改め、満 喫男(マン キツオ)を優しく見守っていただければと思います。

取り戻したかった夏、その①。

『キャンプ』

 

002

 

夏と言えばキャンプ。

川のせせらぎを聞きながらビールで乾杯し、普段は作らないような豪華なキャンプ飯をかき込んでチューハイやハイボールで流し込みます。

そして、子どもたちを寝かしつけてから、焚き火を囲んでゆっくりとワインやウイスキーを味わい、身体中に染み込ませるのです。

最高でした! 無事、取り戻せました。

続いて、

取り戻したかった夏、その②

『サーフィン』

 

003

 

我々スノボチームの夏のメインアクティビティがコレ。

昨年、何かを掴みかけた!?タイミングでの断裂だったので非常に悔しい思いをしました。

今年のオフシーズンは、冬に溜まった代休を使ってサーフィンに行きまくっていますし、社内に発足した「1173アメアクラブ」という会社公認のサーフィン部の活動でも行けています。

堂々と海に行けるなんて最高です。

取り戻すどころか、新たに何か掴めそうです!

最後に

取り戻したい夏、その③。

『我が家のDIY』

 

004

 

自宅の外構を趣味のひとつとして「自分でやります!」と住宅メーカーの営業に啖呵を切り、優しい外構屋のおじさんに教えてもらいながら、コツコツと外構を進めていました。

ウッドデッキ、外水栓、ガーデンシンク、などなど色々とやってきましたが、目標の物置小屋が完成間近。

DIYの腕がかなり上がり、作業スピードがアップしたので遅れた分を取り戻せそうです。

最高です。

いや~、本当に最高です。

夏って最高。

何よりもケガから復活できて最高!! ということ。

やりたいことをやりたい放題やって最高の夏にしたいと思っていますが、あまり調子に乗って「最高!」と連呼していると、また“やっちゃいそう”ですね……(汗)。用心します!

皆様もケガには気をつけて最高のサマーバケーションにしてください!

それでは!!

満 喫男

AmerSports