« アレには絶対に欠かせないモノ | メイン | Toy Machine(トイマシーン)スペシャルコラボ »

2017年10月20日 (金)

そうだったのか!スノーボーダーのカラダ豆知識

2017/10/13 メールマガジン発行

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガをご購読いただいております皆様、こんにちは!

すっかり人肌恋しい季節になりましたが、世界中の人が愛し合うことを望んでいるSALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

最近は例年よりも早い日本国内の初冠雪情報も続々と届く中、10月6日にはスノータウンイエティが日本最速オープン!

いくらなんでもせっかち過ぎる気もしますが、それだけ冬のにおいに心躍っちゃうってことですね(笑)素晴らしい!

Salomonsb1013_1

ただ、そんなシーズン初めに久しぶりのスノーボードで調子に乗っちゃうと…!? というわけで、今日は「体のアクシデント」に関する豆知識をほんの少しだけ。

Salomonsb1013_2

このように顔面着地で眼の付近に大きな衝撃を受けた際、眼球自体は弾力性があるのでそれほど大きなダメージは受けないようですが、 眼球の周りにある薄い骨【眼窩低】(がんかてい)が骨折することが多いようです。

Salomonsb1013_3

骨折の程度が酷い場合は手術が必要になりますが、ごく軽度の場合は経過観察でしばらくはおとなしくしていなければいけないらしく・・・

そんなまったり生活の中で絶対にやってはいけないこと、ズバリ2つ!

・鼻をかまない⇒骨折部から眼窩の中に空気が入りこみ、目がぶよ~んと飛び出したような感覚で一瞬で腫れ上がります。(マジで)

・飛行機に乗らない⇒飛行機は気圧の関係で乗ってはいけないらしいです。何が起きても責任持てませんよと言われました。(マジで)

う~ん。

スノーボーダーあるあるかどうかは正直微妙ですが、こうなった場合はまたしばらくの間「ツチノコ」生活確定ですね。

シーズンを目前にワクワクが止まりませんが、もう少しだけそっとしておいてください・・・(笑)

そして皆様、くれぐれもケガには気をつけて来るシーズンを最高のコンディションで迎えましょう!

Salomonsb1013_4


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/34087497

そうだったのか!スノーボーダーのカラダ豆知識を参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。