« 最前線の本物たちがSALOMONを選ぶワケ | メイン | 「Hard Training」(追込みまくってます2017夏・・・) »

2017年8月25日 (金)

本社デザインチーム潜入ルポ!Part3

2017/08/18 メールマガジン発行

最近は雨が多くて、かと思えば猛暑で夏バテしていないでしょうか?

Salomonsb0818_1

自分はキャンプに行ったり、海に行ったりで夏を満喫しています!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

どうも HC TORUです。

Salomonsb0818_2

さて、

今回が3パートの最後となる本社デザインチーム3回に渡ってご紹介してきましたが最後のとりになるのがクールで最高にナイスガイなイケメンの“アクセル”です!

彼は生粋のスケーターでストリートからボウルまでこなすめちゃめちゃかっこいいやつなんです!

彼がこれまで手がけてきた作品も数々ありますが、代表的なのはサロモンスノーボードの名機「OFFICIAL」をはじめ、「XLT」などサロモン定番の名機達をデザインしてきてくれました。

Salomonsb0818_3

見ての通りいろんなスケートブランドが好きでスケートブランドに友達もたくさんいます。

そんなスケートブランドの友達の繋がりで実現したりするコラボもあったりして、

まさに彼の人望と人脈なんですねー。

彼は見た目のクールなのに加えて人間的にもすごくクールで、まだ自分がサロモンに入ったばかりで右も左も分からないすごく不安な状況で初めて本社に行ったときにすごく、優しく話しかけてくれたのを思い出します。

彼自身、日本のカルチャーやストリートシーンにすごく興味もあったり、そんなところからインスパイヤーされたりしてデザインにいかしています。

サロモンデザインチームは3人で協力してみんなの意見をデザインで形にしていく、デザインのプロフェッショナル。

アクセルはそんなデザインチームの中でもひときわ雰囲気を持っていて常に冷静にアドバイスをしてくれます。こうして毎年みなさんに新しいグラフィックをお届けしているんですね。

Salomonsb0818_4

デザインを作っていくにあたっては、さまざまな情報が必要だと前回お伝えしましたが、ファッションや色々な“物”のデザインに常に興味を持ち、それもまた自分のデザインいかされていくのではないでしょうか?

アクセルが持っていたこの自転車ですが、いわゆる電動自転車なんです。

後ろに子供を乗せられるシートも装備してるんですが、日本でなじみのある電動自転車とは違ってデザインもかなり洒落てますよねー。

「BOSCH」のモーターが付いていて時速も50km近くでるくらいパワフルなスピードがでる電動自転車だと言っていました。

Salomonsb0818_5

「KALKHOFF」というドイツの自転車らしんですが、日本車と外車のデザインの違いというかそいうのが自転車でもでるんだなーと思ったんです。

スピードもドイツ車というだけあって日本のものより出るようになってるんですね。笑

やはりデザインって奥が深くて、ところ変われば感覚も違うしさまざまなデザインがでてきますね。

少しまとまりが無くなってしまいましたがクールなものってどの国でもだれが見てもかっこいいものには換わりないんだなとつくづく思いました。

3回に渡ってご紹介してきましたサロモンデザインチームですが、いかがだったでしょうか?

デザイナーってすごいなって改めて感じさせられました。

アーティストと違ってデザイナーは様々な意見を正に形にしていくというすごく難しいことをしているんです。

こんなサロモンデザインチームを心からリスペクトしています。

来期のグラフィックにも乞うご期待ください!


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

AmerSports

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/34077826

本社デザインチーム潜入ルポ!Part3 を参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。