2020年6月24日 (水)

プロシリーズ シーズン4

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

徐々に新しいスタイルで通常の生活にもどられてきているのではないでしょうか?

 

私たちサロモンでも新しいライフスタイルで業務を遂行して外出など徐々に日常を取り戻しつつあります。

 

最近は雨が多くじめじめしてなかなか思うように動けないですね。

夏には海に行ったりとできることを祈っています。

 

覚えてくれましたか?

プロダクト担当のHC TORUです。

 

 

P1

プロシリーズ 

 

 

さて、今期で4シーズン目となる最高峰の限定モデル“プロシリーズ”のラインナップを紹介していきたいと思います!

 

プロシリーズはご存知の方も多いと思いますがフリースタイル、フリーライドそれぞれのカテゴリーのトップモデルを集約した数量が限定されているラインナップです!

 

シグネチャーモデルをはじめ多くのサロモンスノーボードライダー達が愛用していることで、プロシリーズと呼んでいるのです。

 

数量が限定されているだけではなく、店舗のみでの販売オンリー!インターネットの販売では出回らない希少なラインナップなんです!

数量が限られていますので皆さんも是非お近くの取り扱いディーラーへ予約しに行ってくださいね!

 

さて、今回紹介するのはこの限定プロシリーズの中でも毎年特に注目度の高いHPSシリーズ(ヒルサイド プロト シリーズ)の中井孝治シグネチャーモデルです!

 

PHPS TAKA × WOLLE

 

HPS TAKA × WOLLE”は、中井孝治がプロデュースしてヴォレ・ナイベルトがシェイプした最高傑作です。

毎年乗られている人でもまた違った乗り味が楽しめるように中井自身がアップデートを施しているのですが、今シーズンはさらにアップデートがされています!

 

今期はアウトラインを変更せず「軽さ」のバランスを整えました。テーパードディレクショナル形状なのでスピンしたときにノーズが重いと感じていたのを軽減しています。

 

ノーズの接雪しない部分に軽量なハニカムとコルクをミックスした素材を入れました!

こうすることで重いと感じていたノーズの動きが格段に軽くなったのです。

 

それに加え前足のインサートも減らし最大スタンス幅を狭めにとるようにすることでこのボードのパフォーマンスを最大限に発揮できるよう、中井の勧めるセッティングを反映しました。

 

そしてさらにたくさんの声ももらっていたサイズの追加もされました!中井の希望で170cm以上の人にもこのモデルの良さを知ってもらいたいので身長のある方でも楽しめるように“161cm”がサイズレンジに追加されました!

 

是非是非このアップデートされたHPS TAKAを乗ってみてくださいね!

 

P_2

 TAKA SPLIT

 

そして次にご紹介するのが、パフォーマンスも人気もそうなんですがこの最高傑作のHPS TAKAに今期は待望のスプリットボードが登場します!

 

今までサロモンのスプリットなかなかいいんだけどねーっとなかなか選択肢に入らなかった方もいたかと思います。

 

ですが!

今期は満を持して中井本人も全く同じ意見で自分のHPS TAKAをスプリットにしたら日本の地形にあった最高のスプリットができるんじゃないかということでHPS TAKAのスプリットが登場します!

 

スペックをそのままに日本のように斜度が多く木々が密集して、積雪の豊富なエリアが多いところでも自由に扱えるようなスペックに仕上がっているのがこのスプリットです。

これからスプリット買ってみようかなと思っていた方はぜひこの“TAKA SPLIT”もご検討いただければ幸いです!

 

 

P4

 HPS DISTRICT

 

 

今回最後にご紹介するのがこの進化したHPS DISTRICTです!

 

今期は中井がかねてより希望していた、カントを取り除くことでよりナチュラルな動きを実現することができました!

 

つま先に搭載されていたガスペダルのカントをなくすことで、彼の思う踏んだら踏んだ分だけ反応してくれるというまさにマニュアルスノーボードをコンセプトに今回は作りました!なのでよりマニュアルな感覚で使うことができます!

 

中井曰く「2年目にしてかなり納得のいくプロダクトが造れました!」

 

より進化したHPS DISTRICTをご堪能ください!

 

ということでご紹介しました 中井孝治がプロデュースするプロシリーズのラインナップをぜひぜひ使ってみてくださいね!

次回はほかのプロシリーズラインナップをご紹介しますのでお楽しみに!

 

それではまた次回まで!

 

アディオス!!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

やっぱりボーダーはスタイル重視でしょ!!

サロモンスノーボードメルマガ会員の皆さんこんにちは。

小池で~す!

皆さん変わりなく元気ですか??

 

意外に2回目のブログが早く回ってきて何も思いつきません…(笑)

 

とりあえず…

私たちスノーボードチームは引続きテレワーク継続中で、いまだに日常を模索し続けています。

変化しつつあるこの状況に『進化』と『新しい日常』を取り入れなくてはいけない現状ですが、

自粛生活であるあるだった『断捨離』『DIY』『cooking』『自分と向き合う』など殆どの人が

やったよ!ってヤツの…withコロナ おゆみ ライフスタイル編の一部をどうぞ…

 

1

断捨離してたら懐かし写真発見!!みんなカワイイ✨

 

まず断捨離は小さい物から大きいモノまでヤッちゃいましたね~。

しかもやり始めたら止まりません。実家に行ってまで断捨離をし、しまいには終止つかず実家は放置。あるあるですね~w

 

DIYではありませんが作ったものと言えばプランター菜園。

今年の【おゆみ農園】は

パクチーが盛り上がっちゃいまして毎日パクチー三昧です!

他にはとっても甘かったプチトマト・大好きなおかひじき・小葱・勝手に生えてきた大葉・

オリーブ・トシメン家から引っこ抜いてきたミントです。

どれもこれも珍しく成功です!

パクチーは種を採集してまた来年の楽しみにしたいと思います。

全て無農薬なのでムシがパッないです。

とてもキモいです。。。。

 

Photo

おゆみ農園 ミントはモヒートに❤

初めて見たパクチーの花。

虫嫌いな方…すみません。

黒いやつはパクチーの茎についたハダニくんです。早く種を採取して根っこを素揚げしておつまみにしたい!!!

 

そして『おゆみ農園』でできたかわいい子たちはしっかり『スナックおゆみ』で頂きました。

 

3

おゆみ農園 ミントはモヒートに❤

 

4

スナックおゆみ パクチー三昧

 

振り返ると、コロナのおかげで時間ができ、『自分との向き合う時間』も出来ました。

こんなに自分の事や家族の事考えたことなかったので、改めていい時間になりました。

 

自分スタイル探し!『ヨコノリ』の人たちは特にスタイルにこだわりますよね!!!

ファッションや体形など見た目のスタイルやライフスタイルなど様々でスタイルを追求しています。

(ライディングはもちろん、全てにこだわりがあるからライダーはいつもカッコイイ!!!)

人と一緒じゃなく自分だけのスタイルを探すのが得意だと思います。

人や時間に流されるスタイルより自分のスタイルが大事!!

そんなスタイルを模索する時間ができて、ある意味勉強になったのですが、

なんせワタシは寝て起きたら忘れるタチなので身になっているのかは今後に期待です!!

 

皆さんもどうお過ごしでしたか??

 

特にこれっていう面白話はありませんでしたが、まだ自分スタイルが定まってない方

是非時間がある今、模索してみてください! 

 

色んな自分の可能性に妄想が暴走です!!!

 

なにか面白い過ごし方やスタイルがありましたら是非教えてください!

勇気を出してコメントを! そしてスナックおゆみで暴走を語らいましょう!w

 

5

スタイル探しなのか再びチャレンジ!ただいまランプ猛特訓中!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年6月10日 (水)

「変化を進化に」

サロモンスノーボード メルマガ会員の皆さまこんにちは!

前回の投稿から早半年…新型コロナウィルス感染症が世界を大きく変えてしまったことは言うまでもありませんが、

まずはこのメルマガをご覧になっている全ての皆さまが無事、健康で変わらず元気にヤッておられることを願っております…。

 

最近は流行りの〇〇ワークやオンライン〇〇にチャレンジする日々を過ごしながら、

気が付けばもうかれこれ2か月以上全く会社へ出社していないので…

ついに社内で「リアルツチノコ」へとアップグレードしたサロモンスノーボードチームの「元ツチノコ」吉田A-KILLERです。

 

何かと「変わらなければいけない」今日この頃、この変化の中で求められる「新しい生活様式」に少なからず抵抗を持ちつつも、

「自分、不器用ですから」といって受け入れないわけにもいかないため、

自分自身、「新しい生活様式」へ向けた「はじめの一歩」を踏み出してみることにしました。

 

001_4

 

というわけで、どうせもうしばらくは存在感ZEROが続く「リアルツチノコ」、今月から小学校1年生始めてみました(笑)

日課となった朝顔の水やりに始まり、田舎暮らしのため小学校までまさかの「4Km」というアメージングな距離を毎日トリップ。

今後の登下校で数々のネバーエンディングストーリーが待ち受けていることは確実ですが、

「途中でトイレに行きたくなったらどうしよう?」そんな不安だけがいつも頭をよぎっています…

 

002_2

 

真夏日という過酷な条件の中、無事学校に到着すると校庭の外れには目を疑うほど難易度の高いパークが…。

調子に乗った大人たちは間違いなく一瞬でケガするやつですね、これは。

もし冬に雪が積もったらバッチリスノーボードで良い画が撮れるよう、オフシーズン中に時間をかけてしっかり地形を見極めておきたいと思います。

 

そんな平和な「はじめの一歩」を今後脅かす可能性があるかもしれない、どうしても気になることが…

そう、皆さんも良くご存じの「バッタの大群」です。

 

昨年来東アフリカを中心に大量発生し、大移動中の「サバクトビバッタ」の大群が、

最近インド洋を飛び越え、ついにインド・パキスタンにまで本格展開し始めたようで、

このままだと今月中にその数は現在の500倍にまで膨れ上がり、今後中国や日本までやってくるのでは!?とまで噂されているのです。

 

サバクトビバッタとは日本にもいるトノサマバッタと同じ仲間に属する昆虫ですが、つねに大群をつくるわけではありません。

大雨が降って餌となる草がたくさん生える等のいくつかの条件がそろうことで大発生するそうです。

そうなると体が移動に適した状態へと変化するため、筋肉が増え、体の色はくすんだ茶色がかった緑色から非常に目立つ黄色と黒に変わり、

1日におよそ150㎞移動できる大群に進化していくというのです。

 

003_2

 

ものすごいスピードで真逆の生き物に進化するという驚異的なバッタのポテンシャルを初めて知ったことで、

今後自分がどのように変化し、進化していくべきかを模索すると同時に気付きました。

だから「仮面ライダー」が生まれたのかと…

 

因みに、サバクトビバッタは寒さに弱く、インドと中国の間にそびえるヒマラヤ山脈を越えることが難しいため、

日本までたどり着く心配はないそうです(笑)

 

皆さんも次から次へとやってくる変化の波にうまくテイクオフしながら更に「進化したライディング」ができるよう、

「STAY STRONG」、「STAY POSITIVE」で前に前に突き進んでいきましょう!

https://www.instagram.com/p/CBCbPeMAFUo/

 

そしてこの激動の時代を乗り越えるべく、どこかでしっぽり決め込んだリアルツチノコを万が一見かけても、

どうかそっとしておいてください。

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年5月25日 (月)

我が家のDIY集大成!

ようやく緊急事態宣言が解除。

長かった……。 

 

これであんなことやこんなこともできる……。

と言っても第2波、第3波ときそうなので気を付けないといけないですね。

 

ボクは“密”にならず、不要不急の外出は避けて、

もう少しステイホームを継続しようと思います。

 

さてさて皆さんは長~いステイホーム中、

家の掃除やゲーム、DIYなどなど有意義に過ごせましたか?

 

やりたいことばかりで困った人も多いですよね。

 

ボクはDIYに没頭しました。

昨年、秘密基地(物置小屋)を作り、若干スキルアップしたはずなので、

今年はウッドデッキに屋根を付けてカバードポーチ風にグレードアップさせようとスタート!

ちょっと頑張ったのでその様子を少しだけお見せします。

 

まずはイメージが大事ってことで割りばしを使って模型作り。

 

1_2

 

縮尺を合わせてないので意味ないらしいですが

これでイメージが固まったので結果的に“OK”です。

数日後にはチビたちのおもちゃになっていました。

 

続いて図面を作成します。

手書きで書いてみたり、自分が少し触れるソフトを活用したり、

色々挑戦しましたがしっくりこなかった……。

そこでFREEのCADソフトをいじくり倒しました。

 

2_2

 

この図面作るのに1からやり直すこと4回。

結果的に1週間近く格闘しました(泣)

図面から必要な木材の量を割り出して、

必要経費を算出し、家庭内承認へ(汗)

サクッと承認してくれましたが、

「工期は?いつから利用可能になる?」と鬼プレッシャーをかけられました。

 

 

……

 

………

 

いやいや、プロじゃないんでわかんないっす(笑)

 

それから天気とにらめっこしながら基礎工事に取り掛かりました。

 

優しい外構屋のおっちゃんにミキサーを借りて、

1人でコンクリートを流し込みました。

 

ミキサーに砂やらセメントやらを突っ込み混ぜては、

12kgちょっとあるバケツを持って基礎部分に流し込む。

この作業を50往復近く繰り返しました。

 

気持ちはスパルタンレース。

 

3_2

 

そして、7本の柱を(ほぼ)垂直に立てられました。

固まってから水平器を当てたら……、

なんてこともありましたが、まぁ大丈夫。たぶん。

 

 

さぁ、ここまでできれば、

あとは男子が大好きなプラモデルと一緒です。

図面通りに木を組み立ててネジで留めて、

色を塗ったら、あっという間に完成!

 

4_2

 

構想から完成まで長いことかかりましたが、

今回の工期は3週間くらいです。

 

STAY HOMEには丁度いい内容でした。

 

これで我が家の改造計画はひと段落。

かなりスキルアップした感覚があるので、

続けて何かをやりたかったのですが、

特に必要なものがないので燃え尽き症候群になっています……。

 

どなたか何か作って欲しいものありませんか?

のんびり気長に待ってくれる人からのご依頼お待ちしています(笑)

 

 

 

……

 

………

 

……冗談です(汗)

 

TOSHI

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

FIT TO RIDE SEASON 2

皆さん、テレワークしてますか?そうでない人もいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ緊急事態宣言も解除されますね。

 

運動不足にならないように自転車で週に何回かは走りにいってます。

暑かったり、寒かったり体調の管理が大変ですが風邪を引かないようにしてくださいね。

1


 

さて、例年どんなことを書いているのか見返していると去年のこの時期には、本社の出張したときのことを書いていましたね。

今年はコロナ禍の状況で本社への出張が中止になりPCでのミーティングでした。

今回は本社出張のことは書けないですね。

 

残念、ということで昨年もご紹介した新しいブーツ構造“FTR”(FIT TO RIDE)について

もう一度説明していきたいと思います!

 

なぜなのかというと、今シーズンは待ちに待った女性のブーツにもFTRが採用されるんです!

 

今シーズンは女性のプロダクトの強化として、身体に触れる一番大切な道具のブーツをFR化して快適なスノーボードライフを送っていただきたい!

 

長年サロモンを履いてくださってる方、履いたことはないけどどんなブーツなの?な方のためにFTR ( FIT TO RIDE )のブーツをご紹介します!

 

FTRとは快適性、耐久性、そして軽量というブーツに必要不可欠な要素を完璧なフィットバランスで実現した正にストレスなく快適にライディングに集中できるブーツでなんです!

 

2

 

ずばりコンセプトは、フィットです!

オートメーション化が進んでいるギア製造ですが人の手でしかつくれない部分はあります。

職人の卓越した技術があるからこそ可能なフィット、ホールド、パフォーマンスを可能にするのです。

 

人間工学にもとずき、どうしたら快適にストレスなく足にフィットするかを追求したコンセプトですが、図のようにFTRのブーツは通常のブーツよりも厚みを半分にすることに成功しました。

 

これはもともと長年サロモンが今までリリースしてきたFusionブーツやHi-Fiなどで採用されているMutationコンストラクションの技術を持っているからできたことなのです。

こうるすることでブーツがコンパクトになりバインディングとのマッチングも向上するんです。

もちろん高い技術により耐久性や本姓はキープされていて軽量化にも繫がっているんです。

 

3

 

特徴のあるライナーですが3ピースで構成されており縫い目の見直しによってブーツ内の熱が逃げないように保温性を確保するとともに縫い目によるプレッシャーポイントを極限まで減らしています。

 

更にはライナーのレースがしっかりと足全体をカバーするようにサレースの支店をヒール側に下げることでこれまで以上に足を包み込むようフィットが可能になるのです。

 

しかし、それだけではほんとうに良い履き心地にはなりません。一番は足にストレス無く快適にライディングができることが大事ですよね?

 

足を快適に保つために軽量、高耐久性そして保温性が高く柔らかい足当たりを可能としてくれる “Ultralon”(ウルトラロン)フォームを新たに採用しました。

このフォームと合わせることで非常に柔らかでクッション性のある快適な履き心地にすることができるのです。

 

4

 

昨年はこのFTRコンセプトが搭載されたモデルがメンズモデルのみでしたが、今シーズンいよいよ人気のウィメンズモデルKIANA系とIVY系のモデル全てにFTRが採用されます!

 

ブランドとして大切なウィメンズモデルを今までにないほど、軽量で最高のフィットでブーツを作ることで快適にパフォーマンスを発揮できる、正に傑作となっていることは間違いありません。

 

今まで長年愛用されてきた方も、メンズモデルで聞いたことがあって興味があった方もこれから履いてみようと思ってたという方も是非ともこの生まれ変わったKIANAシリーズとIVYシリーズを是非お試しください!

 

ということでご紹介しました ウィメンズモデルに遂に搭載されたFTRコンセプトのブーツですが、これからのシーズンに向けて何のブーツにしようかよっている方や今までのサロモンのブーツを知っている方もまずは履いてみて欲しい!

 

履いてみてもらえばその違いが分かってもらえるはずです!

 

それではまた次回まで!

 

HC TORU

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年5月12日 (火)

目線が変われば新たな発見がある

前回のブログ更新から約半年。

皆様どのようなシーズンを過ごせましたかね?

 

今シーズンは小雪&新型コロナウィルスの影響で思うように楽しめなかった方が多いのではないでしょうか。

 

みなさんはどれくらい滑りに行けましたかね。

僕は今年プライベートでゲレンデへ行く回数が極端に少なかったのですが、

娘が「シューシューしたい!」と熱望し続けていたのでなんとか連れて行きました。

 

場所はサロモンステーションもある野沢温泉スキー場。 

 

 

001

 

ここは個人的にも昔から好きで、一時期は週に3~4日通っていた場所です。笑

 

今回、家族で利用したのは初めてだったのですが、意外とファミリーにやさしいって事に気づきました!!

何回も利用したゲレンデでも目線が変わると新しい発見があるものです。

 

写真にあるようなソリや滑り台、スノーエスカレーターなど全て無料で貸してくれます。

しかもすぐ近くに無料休憩所もある。

子連れだとこのようなサービスは非常にありがたいですね!

 

 002

  

 

子供の気が向いたタイミングでスノーボードも体験させます。

 

サロモンのキッズボード「TEAM PACKAGE」にはリーシュコードが付属品であるので

フラットなバーンで恐怖心を持たずに楽しませることができます。

子供の身体を手で支えてサポートするよりも腰にかかる負担が圧倒的に少ないです!

これは親の身体にやさしい機能ですねー!!

 

003

 

 

何回も滑っては転んでを繰り返しましたが、本人は楽しかったようで終始笑顔でした。

来シーズンには斜度の緩いバーンで滑らせられたらいいなと思います!

 

さて、シーズンも終わりこれから僕らは繁忙期の代休を消化すべく冬眠に入ります。

新型コロナウィルスの影響で何かと動けない状況ですが、

その中でも楽しみを見つけていきたいですね。

 

 

004

  

 

次回の更新までに何かネタを探しておかないと。。笑

それではまた!!

by OKABE

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年4月15日 (水)

これぞネオクラシック!

HC TORUです。 *覚えてますよね。。。?

 

まず、今の状況について一刻も早い収束を願います!

 

不要不急の外出は控えるなど自分でもできることをとにかくしようと思います。
そして、みんなで楽しくスノーボードをする日を心より待ち望んでいます!

 

例年ですと、3月の中旬に本社(フランス、アネシー)へ次シーズンに向けてのミーティングが開催され、各国から集結します。
昨年のブログではそのトリップのお話をしましたね。 *お、覚えてますよね?

 

今年は、こういう状況になってしまったため、本社でのミーティングが中止になりました。

 

その代わり、ビデオミーティグになりフランスとのやり取りをしました。
通常の業務もテレワークとなりなかなか思うようにならないことがありますが、ここは踏ん張って来季に向けて仕込んでいきたいと思います!

01_5

さて、
ついこの間限定で発売されたアーリーモデルについて少しお話します!
あの~、僕のこと同様に覚えてますよね。。。?

 

サロモンスノーボードとしては初めてのアーリーモデルのリリースとしての試みですが、このアーリーモデルを特別なモデルをということで、リバイバルなイメージでのグラフィック、カラーリングのボード、ブーツ、バインディングのリリースをしました!

 

クラシカルなイメージで仕上げたこのFS 2000シリーズは昔の代表的なモデル“550(ゴーゴーマルとかって呼んでたな)”や初期のロゴ“スパイラル(うずまきみたいなやつ)”など古き良き時代をイメージして作られたグラフィックです。
ストリートファッションで古いんだか新しいんだか分からないデザインが若者の間で流行っていますよね。
僕らおっさんなら80’sとか90’sって表現してたけど、現代では2000年がクラシックなんですよね~。00世代とかいいますもんね。

 

そう!それが“ネオクラシック”
それを意識したクールなデザインを提案する数量限定シリーズです !

 

今回のアーリーモデルを全世界一斉リリースという形をとりましたが、
実は昨年の夏にアメリカのマウントフッドで行ったプロモーション撮影に日本からは山本コンラッドが参加しました。

 

そこでスタイルの入ったかっこいいメソッドを決めてインターナショナルライダーに印象に残る爪あとを残してきてくれました!
ってアメリカのチームマネージャーが言ってた(笑)

 

02_4

 

ボードの “ FS 2000” ですが、グラフィックやイメージはクラシカルでも、
仕様やパフォーマンスは現在のテクノロージーを採用したものになります。

 

仕様としてはアメリカでは人気のSLEEP WALKERの滑走面をシンタード仕様にパワーアップさせ、ハイブリッドキャンバーであるロックアウトキャンバーを採用しています。

 

ジビングなどフリースタイルに特化した仕様になっていまます。
チームライダーのコンラッドもこのボードでかっこよくジビングをキメています!

 

03_4

 

次に!
今シーズンからおしている新しいコンセプトの構造FTR(Fit To Ride)でつくられたブーツです。

 

コンパクトにすることだけではなく、フィットはもちろん今までにないフィットを可能とし、更に軽量でパフォーマンスを邪魔しないものとなっています。

 

レースはスタイルを重視しクラシカルなレースの仕様になっていますが、なんと言ってもしっかりとした足首のホールドを可能にします。

 

サイドに搭載されたBOAのダイヤルを回すことでアウターブーツ内に内臓されたハーネスが、足首をしっかりと押さえつけるように作用しますので足首をホールドして踵浮きを防止します。
この機能が搭載されていることでクラシカルなレーシングシステムでもしっかりとしたフィットを可能とするのです。

 

04_4

 

そして最後に!
バインディングです!!

 

クールなネオクラシックグラフィックとカラーリングですよね。
しかもサロモンの先進テクノロジーであるSHADOW FITが採用されているので、より自由なフィーリングで足首の固定感がなく、ロングレールを攻めたりすることができるんでよね!

 

ベースはDISTRICTとなっているのでボードとブーツのフレックスとベストマッチしてくれます!

 

 

いかがでしょうか!
我ながら自身作っす。
ま、僕が作ったわけじゃないですけど。。。

 

今回のこの限定アーリーモデルは数量限定ですのでなくなる前にゲットしてはどうでしょうか!

 

そして、ウィンターシーズンには今の状況が収束されドカ雪が降ることを願いながら今はじっとこらえましょう!
サロモンスノーボードも今はぐっとこらえて、ウィンターシーズンに向けて色々なことをしこんでいきますからね!
ま、かなりチルってますけど(笑)

 

みんなで、乗り越えていきましょうね!

 

それではではまた次回!
会議資料作るより時間かかるな~(笑)

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

卒業 水越さんからのバトンタッチ!

メルマガをご覧の皆さまこんにちは。

 

前回の水越さんの衝撃卒業報告があり、

ファン皆さまの悲しみの声をしっかりと受け止めようと人数を増やそうと準備をしておりました。残念ながら現在弊社はテレワーク業務でして……。カスタマーサービス・コールセンターの電話対応の停止によりお受けすることができず大変ご不便をお掛けしております。

 

水越さんには『電話対応停止だったので…受けることができなかった』とお伝えしておきますかね!

本人すごい反響だったと言っておりましたが、、、、

どうやら連絡があったのは3名ほどのようです。*しかも社内スタッフ

 

01_3

 ◆さよなら水越くん 海鮮ケーキマジで高かったぞ!笑

 

 さて、水越さんが卒業し『営業の席が空いているじゃないか!!』とお気づきの方もいらっしゃいます。

 

はいそこには… 以前午前中に電話するとやたらと低いトーンで対応するカスタマー
『サロモンです』と電話に出ていたあの人。
『風邪ひいたの?』『酒飲みすぎたでしょ!?』とよく言われていた…そう私コイケです。

 

02_2

 

 

改めまして・・・サロモンスノーボード セールスチームに仲間入りした小池由美です。

2年前からセールスではあったのですが、アトミックスキーも含むウィンターブランドを跨いでおりましたので、本年度より正式なサロモンスノーボードセールスとなりました。

 

社歴は今年でちょうど10年くらいですかね…。
その以前は、今は無き都内ITBにありました某SHOPで統括店長しており、
今も一緒に働く『ツチノコ』とはもう半生近く一緒に働いています……。  
長いですね…笑 

 

スノーボードもただ滑るのと仲間が好きなだけで続けてきて、
振り返るとボードを通じて色んなことをしてきたと思います。

 

住込みのバイトや山籠もり・大会回り・海外遠征・某スノーボード雑誌でお手伝い的なバイトをたくさんしてきました。

 

Y2KをはじめTHE SLOPや〇〇GARDENなど大会やイベント(知ってる?)、雪山で飲み屋の出資などと良い経験を沢山させて頂きました。

 

これもボード仲間たちのおかげです。ありがとうございます。感謝・感謝です!

 

そして今現在となります。
業界はムダに長いですが、今までの経験を繫げていければと思いますので
チャン・オバをどうぞよろしくお願いします。

 

03_2

 

セールスチームになったことで、より皆さまにお近づきになれると期待していたところに、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、弊社がテレワークになり、皆さまには大変ご不便をお掛けしております。

 

試乗会では、お越しいただいたSTAFFさんとセッションさせていただけたのは本当に良かったです!

 

『ツチノコ』から引き継ぐ先が多く、昔の反撃なのか根も葉もないこと言われまくってよくわからないキャラ設定されています。

皆さん『ツチノコ』には気を付けてくださいね!

 

そしてなによりも、見えない敵コロナウイルスにはくれぐれも気を付けてください。

 

私は夜な夜な酒焼け声にならない程度に…『スナックおゆみ』を開催しております!!! 

メニューはこちら↓↓↓

 

04_2

 

では皆さんこんな時だからこそ楽しんでいきましょう!

でもムダに外に出歩いちゃダメですよ!!!

 

 

 

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2020年4月 1日 (水)

MAX(BURI)感謝 ※重大な報告があるよ!

なかなか笑顔になりにくい時期ですが、渾身のブログになってますのでぜひ読んでいただけたら嬉しいです。
大好きな河島英五さんが常に言ってました。「元気出していこう」と。 元気出していきましょー!!

皆さん、こんにちは! このブログを毎回熱心に読んでくれている皆さんならお気づきかもしれませんが、 前回のスタッフブログ(2019年末)も自分が担当させていただきました。

「断裂男はどこ行った!?」
「日本語が難解な本社ネタはどうしたー!?」
「黒い犬は登場しないのか!?」

などなど聞こえてきますが、今回は自分じゃなきゃダメなんです! 大好きな皆さんに重大な報告です。

  

水越、サロモンスノーボードを卒業します。

Photo1

 

「水越が行方不明らしいぞ!(ちゃんといますよ)」
「水越、仕事辞めて実家の農家継ぐらしいぞ!(農家じゃないです)」

ここ数か月、この件で各方面様々な憶測が流れていたようです… ご心配おかけしたファンの皆さん、大変失礼しました笑。

髪の毛がいよいよ足りなくなり遂に坊主頭にしましたが元気にやってます。
とはいえ、サロモンスノーボードチームを卒業することは事実でして…
これを読んでいる皆さんはきっと今頃涙で前が見えないんじゃないかなーきっとそうだなー。
会社に問い合わせが殺到して回線パンクしてるかなー。
チームのみんなも俺のこと思って今頃は枕を濡らしてるんだろうなー。

 

…あれ、寂しいのは自分だけ???

既に後任の岡部は、ベテラン選手バリにお客様たちと溶け込んでるし、一緒に苦楽を共にした(と思っている)佐藤トシは一切構ってくれないし…。安藤さんに至っては「お前、チームのLINEグループから早く出てけよ(冗談と信じてる)」って言うし…
意外とチームのメンバーはあっさりしてました笑。

 

サロモンスノーボードチームに入ったのが今から7年くらい前。

20代前半からずっと憧れていたチームだったのでこのチームに入れた時はすごく嬉しかったです。

約7年、色々なお客様と出会い、色々なライダー達と滑らせてもらい、色々な経験をさせてもらいました。「全ては経験だ」と当時の上司に言われ一切疑わず信じてやってきました笑。

辛い思い出も今となってはそれが糧となり、今の自分がいられるのかなと思います。皆さん、ありがとうございました。

とまぁ、だいぶ自分勝手な内容となってしまいましたがお許しください。

なんだか大袈裟な書き方してますが、 「サロモンスノーボード」から「サロモンアウトドア」に部署異動になるだけなので引き続きこれからもよろしくお願いします笑。

引き続きサロモンスノーボードは何も変わらず突き進んでいきます! 来期も素晴らしいテクノロジーを搭載した素晴らしいプロダクトばかりです! 大いに期待していただき、楽しんでいただければと思います!

 

Photo2

 

※チーム全員の集合写真ではないですが、気持ちは繋がっている!

最後になりますが、今までほんとうにありがとうございました。

以上、それでは次回のブログもお楽しみに!

———————————

© 2020 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年12月13日 (金)

感動のフィナーレ!?初の○○チャレンジ!

皆さん、こんにちは!

突然ですが、皆さんはここ最近なにかにチャレンジしていることはありますか?

自分は人からお尻を叩かれない限り、なにかにチャレンジしてみようとは思わないダメ人間なのですが、

そんな自分をみかねた上司からありがたい?とんでもない一言が!!

 

「水越、お前フルマラソン走ってこい」

 

そうです、普通の会社だったらこれはもう完全なパワ○ラ!笑

 

ただ、うちの会社はスポーツの楽しさを提供するスポーツ会社!

 

そう、これはパ○ハラにはならないんです!笑

というわけで、マラソン素人ぽっちゃりおもしろ体系の自分が全国のぽっちゃり仲間に勇気を与えるべく、フルマラソンに出場してきました!

※本来なら練習風景やら感動のフィナーレまでをつらつら書き連ねたいのですが…

文字数と写真制限がありますので一番イイタイコトだけまとめます!

 

001_2

 

はい、一枚目から感動の完走後の写真です。

見てください、自分を筆頭にぽっちゃり体系のおじさんメンバー!

 

このメンバーと数ヶ月に渡って晴れの日も雨の日も風の日もトレーニングをしてきました。

この中で数名は海外での高地トレーニングも実施したとかしてないとか。

まぁ、見た感じトレーニング失敗な感じは否めませんが…。

 

そんな「一番トレーニング失敗な感じが否めない」自分に奇跡が起きました。

 

002_2

 

なんと!岩手の新聞記事に大抜擢です 笑

一万人くらい参加した大会でまさかの自分が…。

今まで37年間生きてきて新聞に載ることなんてなかったのにまさかまさかの出来事です。

水越家の家宝になるだろうと思い、両親に連絡しましたが無反応でした。

妹にいたってはまさかの既読スルー。

お兄ちゃん頑張ったんだけどな…。

 

気を取り直して、

最後はやっぱりサロモンの話をしなくちゃなので、当日自分が使用したシューズの紹介をさせていただきます。

003_2

 

SONIC RA MAX 2

昔のブログでも紹介したモデルの後継機になるSONIC RA MAX 2。

自分のようなランニング初心者にはもってこいなちょうど良いクッション性が特徴です。クッション性が無いと、疲れやすく初心者は怪我をしやすい、

逆にあまりにもクッション性が強過ぎると自分的にはなんだかふわふわして走りにくいのでこのSONIC RA MAX 2がちょうど良いのです。

ゆっくりと同じペースで長距離を走りたいならオススメできる一足なのでもしこれからランニングを始めたいなって思ってる方いればぜひ試してみてくださいね!

 

このブログがアップされるのがちょうど年末。

 

数日すれば新しい年ですね!

この一年、皆さんはどんな年だったでしょうか。

自分にとっての2019年はほんとにほんとーに激動の一年でした。

 

良いことは忘れずに、悪いことはうまく折り合いつけて全部忘れちゃいましょう!

どれだけのマニアックな方がこのブログを読んでくれてるのか全くわかってませんが、

いつもありがとうございます。

 

2019年も大変お世話になりました!

2020年もSALOMON SNOWBOARDSをどうぞよろしくお願いいたします!

 

それでは皆さん、よいお年を!

 

以上、それでは次回のブログもお楽しみに!

ま、スタッフブログは春からになりそうですけど、、、、

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports