2019年11月13日 (水)

迫りくる「脅威」

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガ会員の皆さま、こんにちは!

最近息子が心から楽しそうに「ナイトプールパシャパシャ!」と連呼することに少しだけ脅威を感じながら、

相変わらず1ミリも存在感のないSALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

 

実は先月、ある重要なミッションがあり、ベトナムto 台湾のツチノコトリップに行ってきました。

出張中の8日間は、存在感がないどころか、国内に存在すらしていなかったわけです。

 

ベトナムの交差点では、全く信号を守らない大量のバイクの群れに幾度となく襲われました。

まるで「マッドマックス怒りのデスロード」を彷彿とさせるマシンの数々に対しては、

「慌てず、脇目もふらず前を見て、決して引き返してはいけない」そう学びました。

 

何度も危ない目にはあったものの、特に事故を目撃することもなく、「これでよく事故が起きないな」と思っていた矢先、

「キキーッ!」どうやら一人の男性がバイクのおじさんと交差点で軽く接触したようです。

 

001

 

それは写真右側の優しく微笑んでいる男性でした。

後で彼に話を聞くと、彼は答えました。「交差点を渡ろうとしたが、ビビッて引き返した」と…

ベトナムで目撃した唯一の接触事故的な光景でした。

 

台湾の飲食店では、58°のお酒を手にした親切なモンスターたちが、必要以上に客人をもてなそうととにかく満面の笑顔で煽り立ててきました。

次から次へと間髪入れずにお酒を注がれたため、親睦会という場でありながら、最終的には会話の大半が「乾杯一気」でした。

しかし、そんな圧倒的なパワーに屈することなく、その日一番輝いていた一人の男性がいました。

 

002

 

写真中央のパーティーアニマルな男性です。

とにかく飲んで、笑って、飲んで、叫んで、飲んで、飲んで…最終的には感極まって男泣き…

また一つ絆が深まり、アツい夜だったことは間違いありませんが、

翌日彼に話を聞くと、案の定彼は全く覚えていませんでした。

残念ながら彼だけは記録にも記憶にも残らない夜になってしまったようです。

 

最終日に帰国した際の空港では、自分自身が確実な高熱感と体調不良に襲われましたが、

特に申告もせず、検疫に引っかかることもなかったので、多少の不安はあったものの、ぐったりした状態でそのまま帰宅しました。

その後体調は回復、無事に3週間程度が経過していますので、決して何かを持ち帰ってしまったわけではないと信じています…

 

そんな最近でしたが、ようやく北海道からも降雪の便りが届き、本州でも11月には続々とゲレンデもオープンします。

いよいよ今シーズンもスタートですね!

増税とともにバイブス増で既にシーズンインした方、これからシーズンインする方それぞれいるとは思いますが、

今シーズンもバッチリ楽しめるよう、事故やケガ、そして事件にも巻き込まれないよう、バッチリ危機管理能力を高めていきましょう!

 

因みに我が家の危機管理の中枢を担っているのは…

 

003

 

やはりまだまだ安心できませんね(笑)

 

というわけで、増税や台風の影響等、激動の秋を乗り越え、皆さんが無事に素敵なシーズンインできることを願っておりますので、

こっそりシーズンインしたツチノコを万が一どこかで見かけても、どうかそっとしておいてください。

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年10月18日 (金)

Good morning VIETNAM

まずは、台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、このブログがアップされる頃には少しでも状況が好転しているよう心よりお祈り申し上げます。

 

 

皆さん、XIN CHAOです。

 

自分は今ベトナムに来ています。

ベトナムにはSALOMON SNOWBOARDSの工場があり、更なる品質アップの為の視察に来ています。

 

詳しい話はきっとMr.world Famousトールさん(Product Manager)が話してくれると思うので、自分はここ数日のベトナムライフをまとめてみたいと思います。

 

まずはこちら、

とりあえずベトナムと言ったらこれ!フォーーーーー!!

01_3

空港でフォー!

レストランでフォー!

工場でフォー!

どこでもフォー!

 

フォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

毎日フォーです。

どこも味は一緒なのかなと思っていたら微妙に味付けが違い楽しめました。

この写真は工場の宿舎で出てきたフォーセットです。

もちろんお土産にもフォーはマストです。

 

続いて、ハードコア市場!

02_6

ベトナムの人達はきっと眠らないんじゃないかというくらい、朝から晩、晩から朝まで働いてる気がします。

 

そんなベトナムの人達のお腹を満たすためにこういった市場も朝早くから開いてるのかなと思いました。

 

ちなみに早朝6時!

 

続いてこちら。

03_3

とある理由で数ヶ月前からほぼ毎日走ってます…。

 

それくらい追い込みかけなきゃいけない理由があるのですが、その理由はまたの機会に…。

 

なので、

先輩A-KILLER氏と太陽が昇る前から無機質な工場内をひたすら走ります。

「敷地外では何かあっても責任は負えません!」と何度も念押しされたので工場内を延々…なので30分もしないうちに飽きてきますが、

要所に警備員の方がいて、「もう走らないのかよ~根性ねぇな~」なんて日本代表として思われたくないので必死に走り続けました。

 

最後に、

今回の視察で色々と面倒を見てくれた本社スタッフ、現地工場スタッフとのカラオケパーティ(宿舎内)の様子です。

04_3

たった数日ですが、毎日一緒に寝食を共にしていると言葉は中々通じなくてもお互いが何を考えてるか意思疎通ができてくるような。

そんな貴重な体験をさせてくれた工場視察でした。

 

これから台湾へ移動して来年、再来年のミーティングを行ってきます!

このブログを楽しみ(??)にしてくれてるユーザーの皆様に、更によりよい品質の商品を提供できるよう頑張ってきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

 

以上、それでは次回のブログもお楽しみに!

 

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

PRO SERIES season 2 FreeStyle

まず、今回の台風による被害にあわれた方々に謹んでお見舞い申し上げます

一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます

 

ただいま、ブーツの工場の訪問でベトナムから台湾に向かっています。

ベトナムはすごく暑く、人や街のパワーにカルチャーショックをうけました

世界は広い!これからも世界に負けない男になろうと誓いました笑

ということで、どうもHC TORUです。

 

01_2

 

さて、今回で3回目になるPRO SERIESのご紹介ですがフリースタイル系のボードをご紹介していきたいと思います。

 

パーク、スロープスタイルなど抜群のパフォーマンスを誇るサロモンの中でも人気モデルのパワーアップバージョンがラインナップされています!

 

02_5

 

まずは、HUCK KNIFE PROをご紹介します。HUCK KNIFEは正にフリースタイルのために

生まれた生粋のフリースタイラーのためのモデルですが、そのHUCK KNIFEのパワーアップバージョンとして今季より満を持してリリースされたHUCK KNIFE PROです!

 

ノーマルのHUCK KNIFEも本当に扱い易くジャンプからジブングもちろんフリーライディングもなんなくこなせますが、このPROバージョンは更に反発や安定性をアップさせて次のレベルにステップアップさせてくれる最高の1本に仕上がっています。

 

軽量なコア、ノーズとテールに張りを持たせてしっかりとした反発を可能とするようカーボンを搭載しています。反発はしっかりとしていますが中心部分は硬すぎずトリックをしやすいようになっています。

まさに最高峰のフリースタイルマシーンとなっています。

 

03_2

 

次にご紹介するのは、ここ数年人気がどんどん上がっているASSASSINプロバージョンのASSASSIN PROです。

 

このモデルは通常のものよりも非常に軽量、そしてしっかりとした張りを持たせているので安定性が高いです。

1つのボードでスノーボードの全てを堪能したい欲張りなライダーにはまさにピッタリで、ハイスピードでの安定性はもちろんのこと、ジャンプでの反発もしっかりしているだけではなくノーズがテールよりも少し長くなっているのでパウダーでの浮力も確保してくれます。

 

フリースタイルがメイン、フリーライディングがメインそんな対照的なフィールドでも問題なくどちらのフィールドもこなせます!

ASSASSINを長年乗っている方には、少し違った乗り味にとまどうことはなく逆に新たな乗り味に虜になること間違いなしです!

 

04_2

 

次にスタイルッシュなジビングで人気のクリス・グレネアのシグネチャーボードとなる 6 PIECEをご紹介します。

昔懐かしいクラシックな90年代のノーズとテールのシェイプを持っているこのボードは、ジビングやジャンプのトリックがし易いことはもちろんのことですが、クラシックなノーズとテールのシェイプのおかげで長い有効エッジをもっといます。

 

フリーランでは気持ちのいい長いターンをすることもできるので、オールラウンドに使えるクリスのスタイルに合わせた1本となっています。

 

05_2

 

そして最後に、ご紹介するのは高いレスポンスを誇るALIBI PROです。

 

BLASTER という昨日をベースとヒールを支える機能を搭載しているので、横方向の柔軟な足の動きに対応するだけではなく業界屈指の振動吸収性を持ち合わせています。

非常に反応性の高いモデルとなっているので、フリーライディングなどで反応性を求めたライディングやキレのあるカービングをこなすことができます!

 

ノーマルのALIBIにはないShadow Liteストラップというインジェクションのみのタイプのアンクルストラップを搭載しているので、足首は柔らかく、反応がいい中にも足首の動きがよく使えるのでバランスが取れた付け心地となっていいます!

 

 

ということで、大分涼しくなってきたのでそろそろ冬に向けてのギアのチェック準備が楽しみになってきました!

 

それでは、今シーズンも雪が沢山降ることをみんなで祈りながらシーズンインを待ちましょう!

 

それではまた次回のプロダクトブログを楽しみにしておいてください!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年10月 7日 (月)

目指せ!リアルスパルタン!!

少しずつ涼しくなってきて、

もうすぐ“冬”ですね。

だいぶ失った夏を取り戻せているのですが、

まだまだ楽しみたい気持ちが抑えられません……。

 

そんな僕のモヤモヤを吹き飛ばしてくれそうなイベントに参加してきました。

その名も『SPARTAN RACE』

世界最高峰の障害物レースと言われているため、

「断裂男に戻ってしまうかもしれない」という不安でいっぱいでしたが、

無事に完走することができました!

すっかり虜になってしまった僕が

非常に刺激的なレースの様子を少しだけご紹介したいと思います。

 

まず、今回の舞台は新潟・GALA湯沢。

慣れた場所だったため、少し気持ちに余裕がありましたが、

スタートしてから4km近くゲレンデのコースをひたすら駆け上がります。

灼熱の太陽の下、滑ったら数分のところを1時間以上かけて登りました……。

ハッキリ言って地獄でした(笑)。

この後、さまざまな障害物が出てきます。

うんていをやってみたり。

 

1

(良く撮ってもらってますが、この後すぐに落ちました)

 

泥水の中をくぐってみたり。

 

2

(見えてないですが鼻水がたれてます)

  

燃え盛る炎を飛び越えて、そのままゴールゲートを走り抜け、ゴ―――――ル!

 

3

(まったく火が出ていなくて地味な障害物でした)

  

散々、追い込んだ記念として、

Tシャツとメダルがもらえるのですが、

メダルの他に“スパルタンのかけら(勝手に命名)”がもらえます。

4

 

僕が出場したSPRINTという種目は一番エントリー向けになるのですが、

無事にゴールしたことと、人生で数回しかもらったことのないメダルを手に入れて大興奮でした(笑)

 

しかし、少し冷静になるともっともキツイBEASTを完走した猛者がゴロゴロ。

何なら、“スパルタンのかけら”を3つ集めて、“スパルタンの証(これも勝手に命名)”を手に入れたスパルタンたちがゾロゾロ。

SPRINTをヘロヘロになりながらゴールしているような僕など赤子も同然(汗)

はしゃいでいた自分が恥ずかしくなり、そっとメダルを隠し足早に会場を去りました。

 

来シーズン、チャンスがあれば“スパルタンの証”を完成させ、

リアルスパルタンと肩を並べたいと狙っていますので、

一緒にスパルタンになってくれる仲間を集めたいと思います。

興味がある方は僕を見つけて、スパルタンになりたい想いをぶつけてください。

皆さんのアツい気持ち、お待ちしております。

 

 

スパルタン裂男

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年9月25日 (水)

スノーボード上達にむけてやる事。【岡部編】

皆さんこんにちは。入社後10ヵ月が経過し、徐々に筋力が落ち体重が増えおります。

岡部です。

 

SALOMONチームに入ると10kgは体重が増加するとまわりの先輩から警告をされました。

健康面への影響はもちろん、自分が思うように身体が動かなくなることは避けたいものです。。

 

夏も終わりが近づき、メルマガ会員の皆様も徐々に冬が気になる頃だと思いますので

今回は少しスノーボードに関わる事を書いていこうと思います。

 

  閲覧注意! 

写真クリックでモザイクなしが見れます。

 

スノーボードは楽しいスポーツですが、一歩間違うとこのような惨事にもなり得るリスクもあります。※写真は5年前?のM越先輩

 

むかしむかし、僕が横ノリスポーツに没頭していた時代に、ある方から怪我のリスクを減らすため、機能的な身体を手に入れる必要がある事を教えていただきました。

その為に必要な事の一つが【水を飲む】

 

最初は水かぁ。。と思ったのですが、人のからだには体重の60%相当は水分が含まれているらしいですね。

 

02_2

 

当初勧められて読んだ本にそう書いてありました。更に本を読み進めてみると腎臓のページに、人は一日に200ℓもの尿がろ過され、最終的には1.5ℓほどの尿がつくられているのです。

これを知って納得したのですが、だから水分をしっかり摂る必要があるのだと。

 

その他にも色々と臓器についての解説が書いてありましたが、多すぎるので割愛します。笑

人のからだってよくできていて、ちゃんと機能していれば毒素を排泄して健康的で機能性の高い状態をつくってくれるのですね。

 

スノーボードの練習をして上達を目指す為に、幼少期から虚弱だった僕はこのような事から取組む事が効率的な上達への道だと知ったのです。

 

03_2

 

水分補給をしながら基本的なトレーニングも必要ですが、最近はその時間を確保するのも難しくなっているので、空き時間で2歳の娘と共に逆立ちからスタートしたいと思います。

次回のブログ更新ではまた違う部分の【上達へむけてやる事】を書いてみたいと思います。

それではまた!!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年9月24日 (火)

PRO SERIES season 3 もとい season 2

この間の台風、関東を直撃しましたが本当にすごかったですね!

夜中にあまりの雨と風の強さに目が覚めて、心配で眠れなくなりました。

 

台風も来ましたが気がつけば季節はもう秋ですね。

皆さん、夏らしいことはできましたか?

ということで、どうもHC TORUです。

 

01_3

 

さて、タイトルを見て、ん?と思った方もいらっしゃると思います!

前回3年目になると言ったPRO SERIESですが、実は2年目でした!

 

なぜ間違えてしまったかというと、なぜならちょうど次の年のことについてやっている最中で頭がそっちに行ってしまってました。。笑

これ業界あるあるなんですよね~

言い訳ですかね。。。

 

ということで、今回も2年目となるPRO SERIESの商品群を今月も紹介していきたいと思います!

 

 

さて、今回紹介する限定PRO SERIESは

あなたの理想とする完成度の高いライディングを可能とするボード、バインディングそしてブーツをご紹介します

 

02

 

まずは、全ボードラインナップの中でずば抜けたスイングウエイトの軽さを誇る【SPEED WAY】です!

コアが軽いのはもちろんのことですが、ノーズとテールはハニカム構造に独自に開発した亜麻をミックスしたファイバー素材C/FXを採用しているのでノーズとテールを軽くするだけではなく、エッジング中のパワーとコントロールを確保してこれまでにない取り回しの軽さを可能にしてくれます。

 

バックシートキャンバーで後ろ足にキャンバーがついていますが、反発があってトーションを使いやすいのでカービングやパウダーは間違いなく使いやすいですが、直進の安定性も抜群にあるのでボーダークロスのような用途でも使い易いと思います。

 

正に、最高のフリーライディングマシーンとなっていますので反発のあるディレクショナルボードをお探しの方にはぴったりです

 

03

 

次にご紹介するのは、ボディー・メレルがプロデュースするアラスカのビッグヒルからパークやレールまでをこなせるそんな究極の1本、【THE ULTIMATE RIDE】です!

 

小回りが効いて、高速でのライディングや大きなジャンプができて軽い、あらゆるフィールドやコンディションでも抜群の操作性と安定性を発揮する全地形型おボードを目指す上で、選んだ形状はクワッドキャンバーという通常のクラシカルなキャンバーよりも少し遊びがあるような印象のハイブリッドキャンバーを採用しています。

 

このキャンバーは安定感はしっかりしているのでスピードを出しても確実にグリップしてくれるエッジングがコントロールをしっかりと確実にしてくれるんです。

US SNOWBOARDER MAGAZINEが選ぶBLACKBOARD EXPERIMENTで総合優勝にも輝いたことがある自他ともに認める究極のボードを是非!

 

04

 

次にボードも高いパフォーマンスを持つものが多いですが、バインディングも高い反応性とクオリティーを備えたそんなバインディングを求めている方も多いはずです。

 

ハイバックにはフルカーボンを搭載した最速のレスポンスを持ち、足首の自由を損なわないサロモン独自のバインディングシステムSHADOW FITがハイブリッドした万能のモデルの【QUANTUM】です!

 

ベースプレートにもカーボンが採用されているこのQUANTUMはどんな状況下で対応しますが、ボーダークロス、ハーフパイプ、ビッグキッカーなどの特にハードな状況下では無敵のバインディングとなっています!硬めだけど、足首がしっかりと使いたいという方にはぴったり!

 

05

 

そして最後に、ご紹介するのは【TREK】というブーツです!

このブーツにはS/LABというSALOMONブランドの長い歴史の中でSKIのRACINGシリーズ、すなわちSALOMONの革新的な技術として認められたもののみが付けることが許された称号で、TREKはスノーボードとしてはじめてS/LABをつけることが許されたモデルなのです。

 

TREKはHIKE&RIDE BOAを採用し、独自のモバイルカフテクノロジーを使用することでハイクモードやタイムトリップモードへと変換可能なので、パフォーマンスを落とさずにバックカントリーでの機動性をUPするだけではなく疲労も軽減できる優れもののバックカントリーに最適のブーツとなっています!一度履いたら、離れられなくなる履き心地です!

 

ということで、涼しくなってきて過ごし易い毎日ですが体調には気をつけて冬をまつこととしましょう!

次回で他のPRO SERIESのモデルを紹介する最終回となりますので、風邪をひかないように待っていてくださいね!

 

それではまた来月!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年9月 9日 (月)

最近気になるブラック◯◯◯。

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガ会員の皆さま、こんにちは!

 

夏が過ぎ風あざみ、青空に残された私の心は夏模様

季節は少しずつ秋めいてきましたが、

相変わらず1ミリも存在感のないSALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

 

冬のにおいがし始めた今日この頃、2ミリほど仕事をし始めたわけですが・・・。

普段からあまり仕事をしていない自分にとっては色々と悩み事が増え出す時期でもあります。

 

そんな時は空を見上げて深呼吸・・・ん?・・・見えた!

というわけで、今日は最近ずっと気になっている人類が初めて実体撮影に成功した

ブラックホールについて少しだけ・・・ん?・・・興味ないですか?

 

001

 

皆さんよくご存知だとは思いますが、

ブラックホールとは、あまりにも質量が重く(およそ太陽の65億倍)、重力が強すぎて光すら出てこられない状態になった天体のことです。

私達は普段地球の重力に縛られていますので、ジャンプをすると必ず重力によって引き戻され地面に着地します。

この重力から開放されたい!と何度思ったことか・・・。

※参考までに、自分も宇宙に飛び出したい!というかたは重力を振り切って宇宙に飛び出すために秒速11km以上のパワーが必要となります。

 

今回は地球上にある8つの電波望遠鏡をネットワークで繋げ視力300万!!

(人間を1.5としたときの視力。これは月にあるテニスボールを地球から撮影できるという驚きの性能です)

という超高性能の電波望遠鏡を用いて撮影されました。

 

およそ100年前にブラックホールの存在を予測したアインシュタインはまさに天才。

そしてブラックホールの謎を解き明かすことが、宇宙や生命の誕生の謎を解き明かすことに繋がる・・・。

そんな壮大な謎を目の当たりにすると、自分はなんてちっぽけなことを悩んでいるのかと我に返り、

ふと足元を見るとそこにはブラックドッグ・・・。

 

002

 

家族になってちょうど5ヶ月。色んな意味で惹きつけられる存在ではありますが、

まだまだこちらも解明できない謎だらけです。

 

最新の研究では、全てを吸い込むと考えられていたブラックホールが

実は強力なガスと大量の物質を放出していることがわかっています。

 

003

 

気が付くと我が家のブラックドッグも大量の物質を放出していることがわかりました。

 

そんなこんなで「ツチノコ」も皆さん同様、冬に向けて少しずつチョメチョメし始めますので、

万が一どこかで見かけても、どうかそっとしておいてください。

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年8月19日 (月)

眠れぬ夜はあなたのせい

皆さん、ご無沙汰してます。

去年の夏から禁煙を始めて一年が経ちました!

水越、もう大丈夫です。

 

さてさてさてさて、

2019年も令和になって四ヶ月が経ちますが、皆さんの生活に何か変化はありましたでしょうか。

 

聞いといてアレですが、自分は特に変化はありません!

がしかし、

世界で考えると2019年は人類が地球以外の星(月ですね)に降り立って50年という歴史的な年なんです。

(あ、毛量はまた心なしか減ったかも…)

 

01_3

 

…やはり強引な前振りからの本題ですが、

そんな記念すべき2019年、自分も何か成し遂げなければとずっと眠れない日を過ごしてました。

 

ちなみに自分は寝る時に腕を頭より上にあげて寝るとほぼ100%の確立で金縛りにあいます。そんな金縛りにあった怖い夜、静かに見守ってくれていたのは優しい彼女…

ではなく綺麗な月でした。

 

あまりにも綺麗だったので撮影してみました。

 

02_3

 

うん、全然上手く撮れない…何これ?って感じ。

昔のブログで、「カメラが趣味なんです」なんて言ってしまいましたが、最近はもっぱらiPhoneカメラ。

けど、それじゃ月は綺麗に撮れない。そんな時に見つけたのが「MuseCam」というアプリ。これがかなりの優れたアプリで、実際にこのアプリを使って色々と条件を合わせて撮影してみると…

 

03_3

 

スーパーど素人のiPhoneカメラマンでも見事に綺麗な月が撮れました!

撮影した日は、月が土星に接近していた日なので右上に土星が見えてますね。

(見えた!って思った人はきっとパソコン画面のホコリかなにかです 笑)

 

 

先日、とある子に「水越さんのブログってスノーボードと関係無いことばかりですよね?

今回の宇宙ネタとスノーボードをどうやって繋げるんですかー?」と100%PURE EYESで聞かれました…基本繋がりません。ごめんなさい。

 

次回はスノーボードの話でもしようかな 笑

 

それでは皆さん、眠れぬ夜にはぜひ夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。

 

以上、それでは次回のブログもお楽しみに!

 

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。 

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

PRO SERIES season 3

暑い!いやー暑いですね!通勤で毎朝、駅にいくだけで汗だくでいやです笑

先月とはうって変わって一気に夏になりましたね!

 

今年はまだ海に行けていません。早く行って全身日焼けをしたいもんです!

 

皆さんは、夏を楽しんでますかーー?

ということで、どうもHC TORUです。

 

01_2

 

さてこんな暑い夏の最中ですが、徐々に来季20-21の商品が倉庫に入荷してきています!そんな中でも今年で3年目になる限定モデル最高峰のPRO SERIESの商品群にフューチャーしてみたいと思います!

 

このPRO SERIESはフリースタイル、フリーライドそれぞれのカテゴリーのトップモデルを集約した数量が限定されているラインナップです!

 

シグネチャーモデルをはじめ多くのSALOMONライダー達が愛用していることで、PRO SERIESと呼んでいるのです。

数量が限定されているだけではなく、店舗のみでの販売オンリー!インターネットの販売では出回らない希少なラインナップなんです!

 

皆さんも欲しいなと思ったら、是非お近くの取り扱いディーラーへ予約しに行ってくださいね!

 

さて、今回紹介するのはこの限定PRO SERIESの中でも特に注目度の高いHPSシリーズ(HILL SIDE PROTO SIREIS)の商品を紹介します!

 

 

 

02_2

 

HPS TAKA X WOLLEは、中井孝治がプロデュースしてヴォレ・ナイベルトがシェイプした最高傑作の3シーズン目ですが皆さんもう乗られましたか?

 

もう乗られた方もそうでない方もニューモデルは昨シーズンとは違った乗り味を皆さんにお届けします。

昨年までの低速域での扱い易さを意識したものから、来季は逆に正反対で高速域や急斜面で安定感を求める人にもオススメできるフレックスを意識して作っています。

 

中井が去年買った人でも、今シーズンはまた違った乗り味が楽しめるようにとアップデートをしました。

 

19-20モデルはカーボンを追加しているのです。

そうすることで荒れたバーンも楽に滑ることができ反発もアップしていますし、

ノーズがバタつきにくくなりテールも抜けにくくなりカービングのキレや加速していくような伸びが増すのです!

 

同じアウトラインでも昨年モデルと乗り心地が違うので乗る楽しみが増えますね!

 

03_2

 

次に注目するのは、中井孝治プロデュースのDISTRICT HPSです!

 

ソフトヒールカップを持ち、ジャンプからパウダーライディングまで全てのフィールドで足首の自由を制限しないオリジナルテクノロジーのSHADOW FITですが、中井は特に足首の自由度を求めるのでこのDISTRICT HPSはシリーズの中で最も柔らかいソフトヒールカップを採用しています。

 

さらにはシリーズの中では足首の自由を損なわないために硬いモデルで採用している柔らかなShadow Liteアンクルストラップも採用。

中井孝治のライディングを最大限に発揮できるようにあえて足首の自由度が増すようにこのストラップを採用しています。

正にShadow fitシリーズ1の自由度を存分に味わえる中井孝治スペシャルモデルです!

 

04_2

 

 

今季新たにHPSシリーズにラインアップされる HPS SALOMON X ASMO 157cmはヴォレが自身で手がける雪板ブランドのASMOとのコラボで、ヴォレがずっと形にしたいと夢見ていたドリームボードなんです!

 

このパウダーボードはASMOのボードコンセプトとスペックをベースにデザインしていて浮力を生み出すワイドなシェイプを持っていますが、レスポンスの良さは損なわないのが特徴です。

スピードはしっかり出せるけど、コントロール性能は落ちないように緻密にデザインされたシェイプはパウダーライディングで究極の乗り心地を提供してくること間違いなしの注目モデルです!

 

05_2

 

そして最後に、ヴォレがプロデュースする2つ目のモデルがこのHPS SALOMON x ASMO 159cmです!

157cmがドリームパウダーボードならば、この159cmはフリースタイルパウダーボードなんです!

ノーズを長めにしたテーパードシェイプでアラスカのビッグラインからバンクドスラロームのようなアイシーなパークでも乗れるように考えているんです。

まさにどんなコンディションでもフリーライドやバックカントリーをフリースタイルに滑るための一本となっているんです!

 

このモデルは限定50本しか販売されない希少なモデルなんです!キャンペーンに応募されて当選した方だけが購入できる権利を獲得するということをしたところ、あっという間に売り切れてしまいました。

 

購入したかったのになーという方も、今後もこのモデルの展開がある際はチャンスがあるかもしれないので乞うご期待ください!

 

ということで、暑い夏真っ只中にお届けしてきた今季代注目のHPSシリーズをご紹介しました!次回は他のPRO SERIESのモデルをご紹介していきますので夏ばてには気をつけて夏を楽しんでくださいね!

 

それではまた次回まで!

———————————

Copyright© 2019 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2019年8月 1日 (木)

1年前は断 裂男。そして今年は満 喫男

梅雨が明けてようやく“夏!!”って感じですね。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

海に山、川、花火、BBQ、フェスとイベント盛りだくさんなだけにスケジュール調整が難しいですよね(笑)。

僕はと言いますと、“失った夏”を取り戻すためにスケジュールをギチギチに詰め込んで満喫中です!

……

…………

………………“失った夏”!?

このSTAFF BLOGを愛読されている方はタイトルで失笑しているかもしれませんが

ご無沙汰しております……断 裂男です。

 

001_2

 

昨年の今頃はアキレス腱を断裂し、辛いリハビリ生活を送っていました。

そのため僕にとっては2年ぶりの夏なのです!

(昨年の夏⇒⇒⇒『GOOD BYE アキレス腱!』)

https://snowboardblog.salomon.co.jp/2018/07/good-bye-0a7f.html

ということで、とにかく満喫している僕の夏をお話しします。

正直、興味ないと思いますが完全復活した断 裂男改め、満 喫男(マン キツオ)を優しく見守っていただければと思います。

取り戻したかった夏、その①。

『キャンプ』

 

002

 

夏と言えばキャンプ。

川のせせらぎを聞きながらビールで乾杯し、普段は作らないような豪華なキャンプ飯をかき込んでチューハイやハイボールで流し込みます。

そして、子どもたちを寝かしつけてから、焚き火を囲んでゆっくりとワインやウイスキーを味わい、身体中に染み込ませるのです。

最高でした! 無事、取り戻せました。

続いて、

取り戻したかった夏、その②

『サーフィン』

 

003

 

我々スノボチームの夏のメインアクティビティがコレ。

昨年、何かを掴みかけた!?タイミングでの断裂だったので非常に悔しい思いをしました。

今年のオフシーズンは、冬に溜まった代休を使ってサーフィンに行きまくっていますし、社内に発足した「1173アメアクラブ」という会社公認のサーフィン部の活動でも行けています。

堂々と海に行けるなんて最高です。

取り戻すどころか、新たに何か掴めそうです!

最後に

取り戻したい夏、その③。

『我が家のDIY』

 

004

 

自宅の外構を趣味のひとつとして「自分でやります!」と住宅メーカーの営業に啖呵を切り、優しい外構屋のおじさんに教えてもらいながら、コツコツと外構を進めていました。

ウッドデッキ、外水栓、ガーデンシンク、などなど色々とやってきましたが、目標の物置小屋が完成間近。

DIYの腕がかなり上がり、作業スピードがアップしたので遅れた分を取り戻せそうです。

最高です。

いや~、本当に最高です。

夏って最高。

何よりもケガから復活できて最高!! ということ。

やりたいことをやりたい放題やって最高の夏にしたいと思っていますが、あまり調子に乗って「最高!」と連呼していると、また“やっちゃいそう”ですね……(汗)。用心します!

皆様もケガには気をつけて最高のサマーバケーションにしてください!

それでは!!

満 喫男

AmerSports