« SALOMON SNOWBOARDSとARTの“イイ関係” | メイン | 節目的な話。 »

2018年9月20日 (木)

ブーツって大事ですね!

written by HC TORU

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

徐々に日も短くなってきて、夜は涼しい日が多くなってきた気がします。いよいよ秋の訪れですね。季節は秋そして冬へと今年もあと少しですね。

そんな冬までにバックサイド720を完成させる!という目標を社内でたててみんなでエアマット練習施設「埼玉クエスト」で闇練していましたが、どうやら冬までには間に合いそうにないかな。。

どうもHC TORUです。

今回はSALOMON SNOWBOARDSのブーツについて紹介していきます!Photo

SALOMON SNOWBOARDSのブーツといえば常に最先端のテクノロジーを持ちフィットも日本人の足型にあったものをいち早くリリース、常に提供してきました。

ブーツはスノーボードの用具の中で唯一身体に直接触れる用具なので、自身の足に合っているものを使わないと痛みなどでブーツを履いていることが苦痛になってしまい続けることができなくなってしまったりということがありますよね?

ブーツは本当に重要なんです。

そんなブーツについて今回はいくつか紹介していきたいと思います。

 

 

Dialogue Series

まず最初のブーツは Dialogueシリーズです。SALOMON SNOWBOARDSといえばDialogueというくらい長い間皆様に愛されているブーツです。

そして、先ほども言いましたが日本人の幅広で甲高の足に合わせた“ワイドブーツ”を恐らく業界初となるリリースをしたのがこのDialogue JP(ワイド)だったのです!

それから何シーズンも幅広の多い日本人の足をサポートし続けてきました。そんな定番DialogueからDialogue Focus BOA JPが新たにラインナップされました。市場のニーズに答えるべくBOAモデルにワイドモデルがリリースされたのです。

BOA好きのあなたには待ちに待ったワイドブーツです!是非チェックしてくださいね!

 

 

Hi-Fi

次はHi-Fiというモデルになります。このブーツは名称が分かりづらいですが

ミューテーションコンストラクションという構造で出来ています。

Photo_12この構造はサロモンの他のブーツとは違い全く新しい構造で作られているのです。スプリングバックパネルという背面に使っているパーツから構成されていてこのこの手法で作ると立体的な構造でブーツを作ることができるので、より人の足の形を立体的にサポートできるので非常に快適な履き心地になるわけです。更にはこのミューテーションで通常のブーツを作るのに使うパーツよりも半分のパーツで作ることができるので余分なものを全て取り除き洗練されたデザイン仕上げています。パフォーマンスとしてもスプリングバックのおかげで機械による12万回のフレックステストでも証明されている履いたときから履きつぶすまで変わらないフレックスを可能としています。

サロモン一押しのHi-Fi是非チェックしてくださいね!

 

 

LUSH for Womens

そして三つ目のモデルは
同じミューテーション構造で作られている女性用のモデルのLUSHです。

Photo_13

このモデルもメンズと同様に履きつぶすまで変わらないフレックスを提供してくれたフレックスは硬すぎず、けっして柔らかすぎないミドルフレックスとなっているので、心おきなくライディングに専念できるのです。

ウィメンズの中で最上級のモデルとなっています。

 

 

Trek

最後はNewにしてサロモンの技術力が結集されて完成したTrekというモデルなのですが、【S/LAB】というロゴがついています。【S/LAB】はサロモンブランドの長い歴史の中でSKIのレーシングシリーズ、すなわちサロモンの革新的な技術として認められたものだけがつけることを許された称号なんです。

Photo_14

もっとも先進的で革新的な技術力によって誕生したTrekはスノーボードとしては始めてか【S/LAB】を付けることが許されたモデルです。

このブーツはスキーブーツではよくありますが、スノーボードブーツとしてウォークモードつまり歩くことを想定したブーツになっています。

スプリットボードなどを使ったバックカントリーでは歩くことが多く、ストレスなく歩くことができるのは非常に重要なことです。

BOA社と共同で作り上げた独自のBOAワイヤーの通し方は締めたいときはがっちりとホールドしてライディングをすることができ、緩めることで独立したブーツ上部の部分が可動することで歩いた時にふくらはぎや脛が開放されるので、結果として楽なハイクアップを可能とするのです。

このように独自の観点でブーツ開発をしています。 

このようミューテーション構造のモデルや最後のTrekなど独自の開発と技術力でブーツを製作しています。

ということで今回はサロモンスノーボードのブーツについて少しお話しましたが、この先も革新的なブーツを作るべくいろいろなプロジェクトが既に進行していますのでお楽しみにしていてください。

 

そして今年もあと数ヶ月で待ちに待った冬!雪が待っていますよ!

今回ご紹介したモデルやその他のモデルについても、続々とお近くの全国のディーラーショップ様で並んできています。是非店頭にて実際に手にとってチェックしてシーズンインまで準備を万端にしてくださいね。

 

それではまた次回!

AmerSports

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/34144610

ブーツって大事ですね!を参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。