« う、、完全に出遅れた… | メイン | D.I.Y 2018 »

2018年2月22日 (木)

TO THE NEXT LEVEL - NEW SHADOW FIT

written by HC TORU

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

年が明けて、ディーラー様向けの試乗会、展示会が終わりました。
めまぐるしく過ぎる時間の中で私、少し宙に浮いていました。。。。
たぶん、5cmほど。。。

 

どうもHC TORUです!

 

Photo

 

さて今回のブログですが、SHADOW FITについてお話していきたいと思います。

 

足首の自由を制限することなく360度のホールドと可動域を可能とする唯一無二のオリジナルバインディングシステムです!

 

この自由なバインディングにはファンも多く、口コミでじわじわと広がり使っていくうちに虜になるライダーも数多く増えてきていました!そのSHADOW FITが来季1819モデルでリニューアルされるのです。

 

リニューアルされるモデルは、HOLOGRAM, HOLOGRAM W, DISTRICT, MIRAGEと今まで、特にヒールカップが柔らかいものであったモデルになります。

 

メルマガ会員様限定でNEW SHADOW FITのモニターキャンペーンを募集しましたが、誠に多くのご応募をいただき私達も大変驚いています!

 

我々の情報サイト「Time to play」でも既に情報発信しています。

http://timetoplay.salomon.jp/shadow-fit/

 

自信を持って来期お届けするプロダクトですので、今回はもう一度細かくどこが変わったのか見ていきたいと思います。

 

フィット性

2

具体的にはヒールカップが厚みのあるダブルタイプ(立体的)のヒールカップになりDefenderやQuantumのようにアンクルストラップのラチェット側とラダー側がダブルウォールのヒールカップに挟み込まれて出来ているので、特に横方向のサポート性が格段に

アップしながらしっかりとしたヒールとブーツとのフィットが確保されていいます。

 

 反応性 

3

更にベースプレートをダブルブリッジベースプレートにすることでヒールカップと合わせて横方向のサポート性をアップしヒールからつま先へ力の伝達性(反応性)が確実に伝わるようになっています。

 

新たに搭載されたパワーフックはShadow fitの特徴である360度の動きをした時に

しっかりとしたリアクションや反応性を可能にするためにケブラーワイヤーのテンションを均一にする役割を持ちます。

 

パワーフック、ダブルブリッジベースプレートとヒールカップを合わせることで従来よりも15%ほどエネルギー伝達性がアップしています。

自分で言うのもなんですが、すごいですよね!

 

またベースプレートの大きさを従来のものよりもスリムにすることでボードのフレックスを感じやすく、トゥー側のベースプレート幅を縮めることでトゥーストラップが

よりブーツにフィットします。

 快適性 

4

  

ベースプレートのパッドをリニューアルし、つま先のガスペダルが上方向にキンクしていることでトゥー側に踏み込んだときの伝達性がアップしています。

 

つま先側には厚みのあるパッドを使用し、衝撃吸収性を格段アップヒール側にはSalomonアウトドアシューズに使われている低反発、衝撃吸収性の高いVibeテクノロジーを

使用することで大幅に衝撃吸収性がアップしました。(※Vibeが使用されているのはHologramのみ)

 

いかがでしたでしょうか?

これだけのリニューアルがされるNEW SHADOW FITは間違いなく今までのSHADOW FITを知っている方も、これから新しく使われる方も納得と満足のいくパフォーマンスを約束してくれるはずです!

 

これからショップディーラー様が行う試乗会などで試乗する機会があります!

試乗会の情報はサイトやSNSでアップしていきますので是非この機会にいち早く体感してください!

 

それではまた次回新たな情報を楽しみにしていてください!

 

Time to play!

AmerSports

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/34107749

TO THE NEXT LEVEL - NEW SHADOW FITを参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。