« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月20日 (金)

そうだったのか!スノーボーダーのカラダ豆知識

2017/10/13 メールマガジン発行

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガをご購読いただいております皆様、こんにちは!

すっかり人肌恋しい季節になりましたが、世界中の人が愛し合うことを望んでいるSALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

最近は例年よりも早い日本国内の初冠雪情報も続々と届く中、10月6日にはスノータウンイエティが日本最速オープン!

いくらなんでもせっかち過ぎる気もしますが、それだけ冬のにおいに心躍っちゃうってことですね(笑)素晴らしい!

Salomonsb1013_1

ただ、そんなシーズン初めに久しぶりのスノーボードで調子に乗っちゃうと…!? というわけで、今日は「体のアクシデント」に関する豆知識をほんの少しだけ。

Salomonsb1013_2

このように顔面着地で眼の付近に大きな衝撃を受けた際、眼球自体は弾力性があるのでそれほど大きなダメージは受けないようですが、 眼球の周りにある薄い骨【眼窩低】(がんかてい)が骨折することが多いようです。

Salomonsb1013_3

骨折の程度が酷い場合は手術が必要になりますが、ごく軽度の場合は経過観察でしばらくはおとなしくしていなければいけないらしく・・・

そんなまったり生活の中で絶対にやってはいけないこと、ズバリ2つ!

・鼻をかまない⇒骨折部から眼窩の中に空気が入りこみ、目がぶよ~んと飛び出したような感覚で一瞬で腫れ上がります。(マジで)

・飛行機に乗らない⇒飛行機は気圧の関係で乗ってはいけないらしいです。何が起きても責任持てませんよと言われました。(マジで)

う~ん。

スノーボーダーあるあるかどうかは正直微妙ですが、こうなった場合はまたしばらくの間「ツチノコ」生活確定ですね。

シーズンを目前にワクワクが止まりませんが、もう少しだけそっとしておいてください・・・(笑)

そして皆様、くれぐれもケガには気をつけて来るシーズンを最高のコンディションで迎えましょう!

Salomonsb1013_4


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2017年10月13日 (金)

アレには絶対に欠かせないモノ

2017/09/22 メールマガジン発行

皆さん、こんにちは!

最近はやっと涼しくなり、多汗症の自分には過ごしやすい季節になりました。

Salomonsb0922_04

もう少しでゲレンデがオープン(人口雪だけど)したり、富士山で初冠雪なんて嬉しいニュースが舞い込んでくることでしょうね。

そんな時期に僕の中で更にスノーボード熱を上げてくれるのがスノーボードムービー。

今でこそインターネットやSNSの普及で色々な映像で溢れていますが、自分が若かった頃は毎年発売されるVHS(ビデオのことです)がスノーボード熱を上げてくれる情報源でした。

その頃はまだまだヤンチャな年頃で、

毎週末はトゥナイト2(ビデオに録画したやつ)からのギルガメッシュナイトで繋ぎスノーボードムービーでランディングするという高次元トリックからの賢者モードをメイクしていました。

話は逸れますが、

ギルガメッシュと言えば城

妖艶な音楽を引っさげ身体をクネクネさせながら料理をする(笑)というなんだかよくわからない内容に心躍らされてました。当時の自分は部屋の電気を消して、外にテレビの光が漏れないようにテレビと自分を毛布でドッキングしてドキドキしながらテレビに釘付けになったものです

そう、それはまるでアポロ計画の月着陸船と司令船のような関係性

話が逸れまくりましたが!心躍らされる映像に音楽は必要不可欠なもの!

ということで、すっごく無理矢理だけど映像と音楽がリンクしたオススメスノーボードムービー&音楽を紹介したいと思います!

冒頭で掲載した写真、

このライディングスタイル見覚えありませんか?

一つ目に紹介するのはROBOTFOODLAMEという作品です。

Salomonsb0922_01_2

当時のSALOMONライダーも多数出演するこのLAMEは、非常に見応えタップリな作品。

そして冒頭からテンションをアゲアゲにしてくれるGENERATION X

Dancing With Myself!」

ビリー・アイドルの高音ボイスが100点満点!

多分初のダブルコークをメイクしたデビット ベネデックSALOMONライダー)もイケテます。

冒頭の写真はデビット ベネデックです。

続いて、一時期ELEVATIONというボードブランドを立ち上げ僕の中では時の人だったクリス・イングルスマンのパートで使われていた、

St.THOMASCorner Man

泣けます。非常に泣けます!良い声です。

ROBOTFOOD、良かったですね~。

この頃は既にVHSからDVDに切り替わってましたが、DVDが擦り切れるくらい何度も観たと思います。

はい、次はこちら!NEOPROTONEOPROTO

Salomonsb0922_02

僕の記憶が確かならKINGPINというプロダクションから派生したのがNEOPROTOで当時の若いライダーを軸に構成されてたと記憶しています。

このムービーはイントロからやられます!

それが、TRISTEZAGolden Hill」。

この切ない感じ。夏の終わりを感じさせます。

そして、今回のブログのトリを飾るのは

THREE MILE PILOTLongest Day

良い声だぁ。なんなんだろうこの切ない声泣けちゃう。

さてさていかがだったでしょうか。

これ以外にも紹介したい作品は山ほどありますが、またの機会があればその時に!

(多分無いと思いますが

どちらの作品も全編素敵な内容ですので、秋の夜長にぜひご覧いただければと思います。

今日の一言

「城美さん、素敵でした大変お世話になりました」

Salomonsb0922_03


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports