« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月22日 (金)

タトゥーアーティストとコラボしたCLASSICKSの話

2017/09/14 メールマガジン発行

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

どうも HC TORUです。

自分は最近、Cannondaleのクロスバイクを買いました(中古)。

買ったばかりだと乗ってみたくなるのが人の性(さが)ということで早速、会社から家まで帰ってみようと約20キロの距離を乗ってみました。

最近は比較的涼しい日が続いてすごしやすいですが、その時は湿度80%以上の正に蒸し風呂状態だったので、人よりも異常に汗かきの自分は、被っていた帽子までずぶ濡れ状態。

やはり!

走りが違うのかあまり疲れたという感じよりは達成感が先にきていたのが、ずぶ濡れを忘れさせてくれたのがせめてもの救いでした!

皆さんもサイクリングはもっと涼しくなってから行きましょう!


Salomonsb0914_1_2

さて、

前回まで3回に渡ってお話してきた本社デザイナーチームの紹介でしたが、

今回何を書こうかなと悩みましたが、デザイナーの流れから今回はSALOMON CLASSICKS(限定モデル)シリーズのプロダクトとアーティストを紹介したいと思います!

Salomonsb0914_2


ドスン!

どうでしょうか、このいかついタトゥーの入ったこの人は誰でしょうか?

手に持っているイラストを見て見覚えのある方もいるのではないでしょうか?

彼こそはスケートボード界のレジェンド、タトゥーアーティストでありプロスケーターの我らがアニキエリック ドレッセンです!

80年代にブイブイ言わせて活躍していた正にレジェンドで、スケートだけではなく非常に特徴のあるグラフィックを書くタトゥーアーティストですね。

そんなレジェンドと今回コラボレーションが実現したんです!

思えばこのコラボレーションが実現するまで2年、本社にぜひともドレッセンとのコラボモデルを作ってほしいとお願いしたのを覚えています。

2年かかっているので、半ば忘れかけていましたが、そんなある時に本社へ出張した時、以下ボード/ビンの本社プロダクト担当者と自分の会話です。

「おい、ビッグニュースがあるぞ!」

「え?なに?どうした?」

「ドレッセンから返事が来てグラフィックを描いてくれるってよ!」

「え、マジで!やったじゃん!アニキがよくコラボ受けてくれたね!」

「サロモンだって言ったら、なに?サロモン?サロモンって言ったら俺が昔スキーしたときに乗ってたブランドじゃねーか!よし!面白そうじゃねーか!いっちょやったるか!って言って受けてくれたんだよ!」

「すげーな、よかったよ!

注意 上記の会話は英語でしたものでこのような口調の表現は自分の感覚で表現しているものです(笑

とにかく、こうしてコラボが実現したんですね。

そもそも連絡を取るのにこぎ着けたのも前回、紹介した本社デザイナーチームのアクセルのおかげなんです。

彼は前回紹介したようにスケートはプロ並みでまたスケート業界に沢山友達がいます。

なので彼のコネクションからドレッセンにつなげてもらったのですから、もしアクセルが居なかったら実現していなかったもしれません。ほんと感謝です。

という経緯があり、

サロモンの中でも特別なClassicksシリーズの

“ Villain Classicks(ヴィレイン クラシックス)”Huck Knife Classicks(ハックナイフ クラシックス)

のグラフィックを手がけてもらいました。

この両モデルはグラフィックは文句なしにカッコいいですが、ボードのパフォーマンスも非常に優れています!

Villainはサロモン独自のRock Out Camberのハイブリッドキャンバーに今シーズンから変わったQuadralizerサイドカットを搭載しているんです。大きさの違う複合の弧を線でつなぎ合わせてできているこのサイドカットは踏めば踏んだだけしっかりとエッジががっちり効いてくれるのでロッカーに変形するRock Out Camberとの相性が抜群にいいんですね。

この限定シリーズのVillain ClassicksはノーマルVillainよりもArea 51というクロス状に入ったストラクチャーベースを持っているのでトップスピードが違います!

加えてサイドウォールのノーズからテールにかけてGun Slingershotという薄いカーボンレイヤーがはしっています。このカーボンレイヤーがあることでより跳ね返りが強くなり、結果として高いオーリーを可能にし安定感もうみます。

そして、もう1機種が Huck Knife Classicksです。

こちらはQuad Camberというこれも複合の弧からできているキャンバーでノーズとテールにロッカーもちながらも非常に通常のキャンバーに近い、むしろ更によい乗り心地、反発の戻りを持っている独自のハイブリッドキャンバーです。

跳ねっかえりの良さが非常に分かりやすくパークにはもってこいのキャンバーです。

こちらはサイドカットに直線と足元の小さな弧をつなぎ合わせてできているEQ Radを使っているのです。足元に弧を作ることでそこの部分だけエッジプレッシャーが起こりやすくしているのでしっかりとエッジがグリップしてくれるんですね。

EQ RadQuadralizerのように線をつなぎ合わせるサイドカットはサロモンのオリジナルで他社にはないサイドカットですね。

というように最高のグラフィックに最高の機能を持ったClassicksのドレッセンとのコラボモデルですが、数量も限定されているので手に入らないレア物?になるのも近いかもしれません。

Youtubeで見た方もいらっしゃるかもしれませんが、このモデルを気に入っている外人ライダーが多くて乗っているライダーも多いです。

Salomonsb0914_3

あわせて手がけてくれたオリジナルのバインディングシステムのShadow FitDistrict Classicks(ディストリクト クラシックス)も是非チェックしてください!

Shadow Fitの詳しい機能は今度ご紹介します。)

ClassicksのボードとDistrict Classicksバインディングの組み合わせで乗ってもらえば、今までの乗っていた自分のものとは感覚違いは分かってもらえると思いますと言えるほどプッシュしているClassicks シリーズです。

今回はClassicksの舞台裏をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

こうしてClassicksのグラフィックが出来上がったんです。

既にドレッセンが手がけたClassicksモデルは店頭に並んでいますので、無くなる前に是非是非、チェックしてください!

Salomonsb0914_4


それではまた次回!

ジャースティース!!


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2017年9月14日 (木)

佐藤流失敗しないスノーボードの選び方

2017/09/07 メールマガジン発行

今回はブログ内容のふり幅がとんでもない営業マン佐藤。時期に合わせて置きにきた内容をご覧ください。


Salomonsb0907_01


お店にNEWモデルが並び始めた今日この頃。みなさんはどうやってスノーボードのギアを決めていますか?

Salomonsb0907_02


今はネット上にたくさんの情報が転がっているので、スマホを使ってどこにいてもギアを探すことができます。そのため、お店に行く前に気になるアイテムを予習可能です。

事前に情報収集しておくとお店のスタッフが話していることが理解し易いし、より詳しい話を聞けるチャンスもあります。

しかし、このように下調べをしてからショップに行く場合に気をつけたほうがいいと思うことをご紹介します。


それは
“検討しているモデルについて最初からスタッフに話すこと”
と「プロの先輩に言われた」「メーカーに知り合いがいる」
って話すことです。


こんなことを先に言ってしまうとその他の情報を聞き出すのが難しくなる場合もあるし、本気の接客を受けられない可能性もあるので
『検討しているモデルのことは言わずにスタッフの接客を受ける』
というのが佐藤流のポイントです。
いやらしいやり方に感じるかもしれませんが相手はスノーボード販売のプロ。


お客さんにピッタリはまるモデルを提案するためにレベルや挑戦したいこと、滑りのスタイルなどを聞き出して、豊富な知識からもっともフィットするモデルを提案してくれます。


自分が検討しているモデルや先輩たちにすすめられているモデルは、スタッフの話をひと通り聞き終わってから「実は……」と話し出したほうが得策だと思います。
そのときに提案されたものと検討していたものが同じなら、選び方が間違ってなかったと思って購入に踏み切りましょう。

Salomonsb0907_03

逆に検討していなかったモデルを提案されたときは、なぜ自分が検討していたモデルではなかったのかを聞いてみればいいと思います。


そして、一度お店を出て別のお店で同じことをしてみましょう。
数店舗回って同じように検討しているモデル以外を提案される場合は本当に合っていないかもしれません。


また、お店を回っていて別々のお店で同じモデルを提案された場合は、それこそがあなたのニーズにピッタリハマるモデルだと思います。

Salomonsb0907_04

Salomonsb0907_05

イメージ的に話し込むと
「買わされる…汗」
という心理に陥りやすいと思いますが、一度冷静になって
「他も見てきます」と伝えましょう。今のお店のスタッフは無理やり売りつけようとする人はいませんよ(笑)。 

どうしても、その提案に納得がいかない場合は一度帰って改めて考えたほうがベター。
それでもどうしても最初に狙ったモデルが欲しいと思うなら、誰に何と言われようとも自身を持って購入したほうがいいと思います。少しでも悩むようなら運命の出会いではないと感じるので一度見送るほうが得策な気がします。

以上が佐藤流の外さないギアの選び方です。
僕は家電製品を買うときに同じようにしています(笑)


何にせよ、まずはお店に行って話しを聞いてみるっていうのが大事だと思いますよ!
ライダー情報、イベント情報など普段聞けない話しも聞けたりしますしね!!


とにかく!
皆さまが最高の相棒にめぐり合えることを祈っています(笑)


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2017年9月 8日 (金)

「Hard Training」(追込みまくってます2017夏・・・)

2017/08/25 メールマガジン発行

も~ぅお~いやだよ~

(郷ヒロミ風に・・・)

Salomonsb0824_01

毎日毎日雨・・・雨・・・雨・・・・

今日で東京は19日連続の雨日より・・・?

本当に夏はどこに行ってしまたでしょうか・・・・?

「ギラギラした太陽」「爽快な青空」「モクモクした入道雲」・・・・

全然感じないまま夏が終わりそう・・・・

「もっとギラギラしたい!!!」

って思いつつ夏をエンジョイしまくっている皆様のDOTSです!

皆さんもそんな中でもギラギラしていますか?「夏」・・・・?

そう!

「夏・・・ギラギラ・・・・」と言えば思い出すのが中学生ぐらいに興奮しながら見ていた「夏体験物語」!80年代にハッチャケていた人達には響きまくりの、今では考えられないポロリ連発のお下劣「青春初体験型」ドラマ・・・

いや~思い出しちゃうな・・・甘酸っぱいあの頃・・・興味がある若年層はYOUTUBEでグぐッて見てね・・・

 さてさて、今回は前回のブログでも話したように落合博満ばりの「俺流シーズンインへ向けての取組」のその後として、少し前になりますが野沢温泉で開催された「トレイルランニング」大会に久しぶりに出場してきやシタ!

何年か前も自分へのチャレンジとして大滝村とかで開催された「100Kトレイル」や、水上で開催された「アドベンチャーレース」などにも出場したりしましたが・・・

「今年の俺は本気汁」という事でさらに自分自身を追い込む為に最短クラス(14Kクラス)ですがエントリーしてきました!

Salomonsb0824_02

結果から言うと、40人中31位と完走重視の手堅いレース展開で終始コースを激走しましたが、とにかく高低差(約600m)があるコースだった為に、前半の登りなどで体力を消耗し過ぎて後半の下りはバテバテ状態でした・・・

もっともっと日頃のトレーニングを積み上げる事を痛感させられた結果となり、今後の反省点になりました・・・・

また、今回はいつものようにしっかりと自分自身のポテンシャルをあげるためのアイテムとして「SUUNTO SPARTAN SPORT」の最新版時計をGETして大会に挑みました!

この時計は今までのスポーツウオッチからは逸脱した超進化した最新バージョンでナント!

時計のガラス部分がすべてタッチ式(スマホみたいな感じ)になっているんです!

さらに、バッテリーの最大持続時間も40時間もあり80種類以上ものスポーツファンクションがあるので、どんなカテゴリーのスポーツにも細かく対応してくれているところが嬉しい限りなのです・・・・

SUUNTO SPARTANシリーズ】

Salomonsb0824_03

今回は、このSPARTAN時計の機能の一つでもある「GPS」機能で走ったルートや、標高、スピードなどのデーターをこの小さい時計の中にすべて記録しました

そしてレースが終わった後に「MOVESCOUNT」と言うアプリケーションに同期してあげるとGOOGLE MAPと連動しレースで走ったルートなどが地図上に記録され確実にレース状況を管理してくれます・・・・

Salomonsb0824_04

また、3Dのアニメーション地図機能も付いているので、今回走ったアニメーション地図と写真を携帯の動画アプリで編集もしてみました。

自分が走ったルートや、地形などもめちゃくちゃわかりやすく管理出来るので、友達同士での旅行などでも全員でデーター共有すれば楽しい思い出作りも出来そうです・・・・

モチのロンで、スノーボードシーズンにも自分が滑った山でのルートやラインがすべて記録できるので、シーズン中に大活躍する事「間違いナッシンGOO」なので今から冬が待ち遠しいッス!(㊦DOTSの激走した軌跡になります)

 

これから夏本番?なので、まだまだ過酷なDOTSトレーニングは確変モード全開で継続中です!

体重もよーやく大台の90キロを切り、残すところ 「▲10㎏」!ここからが本番なので「MORE!MORE!追込み」楽しいスノーボードシーズンインに備えたいと思います・・・

でも・・・その前に体力の限界が来そうな・・・・

「そんなの関係おネエ~」頑張りマッスル!ではまた次回~さよオナラ~


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

AmerSports