« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月25日 (金)

本社デザインチーム潜入ルポ!Part3

2017/08/18 メールマガジン発行

最近は雨が多くて、かと思えば猛暑で夏バテしていないでしょうか?

Salomonsb0818_1

自分はキャンプに行ったり、海に行ったりで夏を満喫しています!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

どうも HC TORUです。

Salomonsb0818_2

さて、

今回が3パートの最後となる本社デザインチーム3回に渡ってご紹介してきましたが最後のとりになるのがクールで最高にナイスガイなイケメンの“アクセル”です!

彼は生粋のスケーターでストリートからボウルまでこなすめちゃめちゃかっこいいやつなんです!

彼がこれまで手がけてきた作品も数々ありますが、代表的なのはサロモンスノーボードの名機「OFFICIAL」をはじめ、「XLT」などサロモン定番の名機達をデザインしてきてくれました。

Salomonsb0818_3

見ての通りいろんなスケートブランドが好きでスケートブランドに友達もたくさんいます。

そんなスケートブランドの友達の繋がりで実現したりするコラボもあったりして、

まさに彼の人望と人脈なんですねー。

彼は見た目のクールなのに加えて人間的にもすごくクールで、まだ自分がサロモンに入ったばかりで右も左も分からないすごく不安な状況で初めて本社に行ったときにすごく、優しく話しかけてくれたのを思い出します。

彼自身、日本のカルチャーやストリートシーンにすごく興味もあったり、そんなところからインスパイヤーされたりしてデザインにいかしています。

サロモンデザインチームは3人で協力してみんなの意見をデザインで形にしていく、デザインのプロフェッショナル。

アクセルはそんなデザインチームの中でもひときわ雰囲気を持っていて常に冷静にアドバイスをしてくれます。こうして毎年みなさんに新しいグラフィックをお届けしているんですね。

Salomonsb0818_4

デザインを作っていくにあたっては、さまざまな情報が必要だと前回お伝えしましたが、ファッションや色々な“物”のデザインに常に興味を持ち、それもまた自分のデザインいかされていくのではないでしょうか?

アクセルが持っていたこの自転車ですが、いわゆる電動自転車なんです。

後ろに子供を乗せられるシートも装備してるんですが、日本でなじみのある電動自転車とは違ってデザインもかなり洒落てますよねー。

「BOSCH」のモーターが付いていて時速も50km近くでるくらいパワフルなスピードがでる電動自転車だと言っていました。

Salomonsb0818_5

「KALKHOFF」というドイツの自転車らしんですが、日本車と外車のデザインの違いというかそいうのが自転車でもでるんだなーと思ったんです。

スピードもドイツ車というだけあって日本のものより出るようになってるんですね。笑

やはりデザインって奥が深くて、ところ変われば感覚も違うしさまざまなデザインがでてきますね。

少しまとまりが無くなってしまいましたがクールなものってどの国でもだれが見てもかっこいいものには換わりないんだなとつくづく思いました。

3回に渡ってご紹介してきましたサロモンデザインチームですが、いかがだったでしょうか?

デザイナーってすごいなって改めて感じさせられました。

アーティストと違ってデザイナーは様々な意見を正に形にしていくというすごく難しいことをしているんです。

こんなサロモンデザインチームを心からリスペクトしています。

来期のグラフィックにも乞うご期待ください!


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

AmerSports

2017年8月18日 (金)

最前線の本物たちがSALOMONを選ぶワケ

2017/08/11 メールマガジン発行

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガをご購読いただいております皆様、

こんにちは!

Salomonsb0811_01

お久しぶりです。

今日も元気にアンダーグラウンド!

SALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

前回のブログからおよそ2ヶ月、相変わらず特に人目に触れることもなく、水面下で息を潜めた日々を過ごしていましたが、どうやら最近巷で人気の「あの世界」でも、「SALOMONを愛用する本物たちが急増している」との噂をききつけ、どうしても真相を確かめてみたくなった私は、勇気を出して「あの世界」を覗いてみることにしました。

そんなわけで、今日は「あの世界」のお話を少しだけ。

Salomonsb0811_02

エントランスを抜けるとそこには圧巻の品揃え、リアリティー、戦士たちの熱量。

まさにサヴァイブするために必要な「マテリアル」の祭典でした。

Salomonsb0811_03

そしてやはり一番人気は皆様ご存知米国海軍特殊部隊“NAVY SEALS(ネイビーシールズ)

わからない方はコチラから!

https://www.youtube.com/watch?v=TJBR67v0kbU(ネイビーシールズ)

Salomonsb0811_04

中でもあのビンラディンを追い詰めた超精鋭部隊“DEVGRU(デブグルー)も愛用することで知られる【SALOMON XA PRO 3D GTX】(シューズ)はもちろん、NATO軍の特殊部隊も愛用する【SUUNTO TRAVERSE ALPHA】(時計)も研ぎ澄まされた戦士たちの注目の的に。

やはり本物たちが選ぶ「確かなマテリアル」には、サヴァイブできるワケがあるし、彼らはそのワケを知っていますね。

わからない方はコチラから!

https://www.youtube.com/watch?v=_8VwRPx2hg4(ゼロ・ダーク・サーティー)

Salomonsb0811_05

当然スノーボードシーンにおいても、本物が集まるSALOMONライダーたちはそのワケを知っているし、「確かなマテリアル」によって常にサヴァイブし続けています。

まだみてない方はこちらから!

https://snow.gnavi.co.jp/snolog/salomon_snowboards/info/3939/

では自分はこれからどうやってサヴァイブしていくのか?

まだまだアンダーグラウンドに「ツチノコ」のごとく探求する必要がありそうです。


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

AmerSports

2017年8月11日 (金)

ブログ存続の危機!?けど、甘~~~い話

2017/07/28 メールマガジン発行

皆さん、こんにちは。 高校野球始まりましたね!

Salomonsb0728_01

このブログを書いてる今も、全国高校野球岩手大会準決勝をライブ中継で観ながらブログを書いている水越です。
後ろからの上司の熱い視線が少しだけ気になりますが…。

さて、
前回のブログ配信後、各方面から叱咤多めの激励をいただきましてほんとうにありがとうございました。
良い意味でも悪い意味でも反響があったんだなと感じております 笑。

会社からも、「ブログ配信停止の危機だぞ!」なんて脅されましたが、
業界を代表する「ゆとり」はそんなことは気にしません!

ただ、
「お前の趣味など興味ない」
という方が過半数を占めましたので今回はスノーボードに関係するお話をしたいと思います 笑。
決してバビロンシステムに屈したわけではないので、「僕の趣味」ブログを楽しみにしているファンの皆様、いつか必ず復活させますからね…。

というわけで!!
皆さんは【 DEZZERT MAGAZINE(デザートマガジン)】というフリーマガジンを知っていますか?

今年で10年を迎えるスノーボードカルチャーどっぷりのフリーマガジンで、
今やアクションスポーツ業界に留まらず、日本を代表するフリーマガジンにまで 登りつめる勢いの雑誌なんです。

DEZZERT MAGAZINEは10年間で14冊くらい?発表しており、
スノーボードショップやカフェや居酒屋といったDEZZERT MAGAZINEのパッションに共鳴した限られた場所でしか手に入らず、中身も若い世代から昔憧れたビデオスターまで幅広く網羅!

ハードコアなストリートから昇天必死の極上パウダー写真まで内容がギュウギュウに詰まったスーパーマニアックフリーマガジンなのです。

そんなDEZZERT MAGAZINEに対する自分なりに感じた魅力をあげてみたいと思います!

Salomonsb0728_02

1. でかい
雑誌ではあまり見かけない大判サイズ!
とにかくでかい。見応えじゅうぶん!多分驚きます

2. 表紙に美味しそうなデザート
生クリームたっぷりのパンケーキや表紙一面に敷き詰められたドーナツやら、表紙を 見てるだけで甘い物好きの自分にはたまりません…一瞬スノーボード雑誌なのを忘れます

Salomonsb0728_03

3. 写真のみ
写真で感じろ!ばりの無駄な言葉を削ぎ落とした無骨なスタイル

Salomonsb0728_04

4. 写真とアートの融合
写真の上にその写真とリンクしたようなデザインが施されたページもあったりと、 普通の雑誌とは一味違った作りにも魅力を感じます

5. 作り手が変態(多分)
あくまで私見です 笑

実は、作り手の方達には色々な面でお世話になっていて、今回10周年ということでブログにさせてもらいました。

普段彼らは他の仕事をしながら、大好きなスノーボードを体感して表現し続けている…
あーしたい、こーしたいは沢山あるけれど、それを実行に移して継続できる。 これって純粋にかっこいいなと思います。

今の時代、WEB上で欲しい物や情報が瞬時に手に入る時代でそれはそれで素晴らしいことですけど、なかなか見つけられなかったモノ・コトを自分の力で手にした時の感動ってやっぱいいですよね。

僕にとってのDEZZERT MAGAZINEはそんな大切なモノの一つです。

あ、僕は一度大切なモノ(×1)を失っていますので、皆さんはそうならないように気をつけてくださいね!

無事に!?オ・ト・シ・ド・コ・ロを見つけましたので…

今日の一言
「水越、スノーボードメーカーの人間が滑らなくなったらおしまいや…死ぬ気で滑れ!!」
※DEZZERT MAGAZINEの方に言われた強烈な一言より

10周年おめでとうございます!

Salomonsb0728_05

それでは次回のブログもお楽しみに!

For more info

https://www.facebook.com/Dezzert-Magazine-295986710457793


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

AmerSports