« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

2017/06/22 メールマガジン発行

毎週、毎週SALOMON SNOWBAORDブログへお越しいただきましてありがと~ございます!

今回はいよいよ満を持してレジェンドクラスの・・・そう!あの「全国スノボ最強列伝」で一躍有名になったドテチンこと、DOTS渡辺が参上です!

バッチリと全国のDOTSファンの為に今回も「DOTSバイブス」をお届出来るようにルンバしちゃいますね!

Salomonsb0622_1

さて、
「Are You Ready?」
って聞いてピンと来た人もいるかもしれません!そう!今シーズンのシーズンインはすでに始まっているのです・・・我々サロモンも3月からのユーザー試乗会などで多くのサロモン好きなユーザー様に「1718 NEWモデル」を体感してもらい、早期予約などもショップ様などで予約を入れたりして、着実にシーズンに向かってテンションあげアゲで、間違いなく
「も~冬が待てない」
状態だと思います・・・

そんなスノボ好きのみんなに負けないように自分自身も今シーズンの為の準備をドンドン進めていきたいと思っています・・・・
そこで準備をするにあたって
「今シーズン俺は何をやりたいだ?何を習得しよう・・・?新しいウェアー買おうかな・・・?」
などなど、自問自答を繰り返す事約3分・・・・・
考えた結果・・・・
3つの目標を立てる事にしました!
題して・・・・

「DOTSの今シーズンを本気で滑る為の3つの目標」

目標1⇒シーズン前までに体重を80キロ以下にする!
目標2⇒誰よりも先にフレッシュな雪の上にドロップインする!
目標3⇒今シーズンこそは「伝家のほうとう」B360を完璧にメイクする!

1つ目の目標なのですが、ここ数年シーズン前になると何故か「ポッチャリ体型」になってしまう私・・・シーズン中もお腹が邪魔して
「インディー」も「インティー」とか、
「クレイル」も「クロール」とかになってしまい・・・
シーズンが終わる頃には「ポッチャリ体型」に嫌気がさしダイエットモードに入ります・・・
ちょうど今がそのモードに入っているタイミングです・・・
ポッチャリと言っても年間で約20キロ近く増減するのである意味、シーズン中に自重でウェイトトレーニングしている感じなのです・・・
そんな昨シーズンの終わりの体重は・・
なんと・・・
3桁越えの・・・
104キロ!

Salomonsb0622_2_2

体脂肪なんかは、セクシー女優の小●●奈子も真っ青の驚異の
37.7%!
マトリックス表では霊長類最重?ポジションをキープし枠外での★印!
まさに規格GUY!
そんなこんなで体内測定をしてから早2ケ月・・・
食事にも気をつけ、昨年から始めた格闘技道場にもこまめに通った結果!
なんと!
10キロ減の94キロまでになりました!
ん~流石に「自分を自分で褒めてあげたいです・・・・」って言いたいのですが、まだまだ道半ば・・・
目標まではあと「14キロ減!」しっかりと目標達成するまでは踏ん張りたいと思います!
とは言っても、なかなかバイブスを上げて行くのには本当に苦労しますよね・・・
そこで、こうした辛い場面での「バイブスあげアゲ法」としていつも取り入れているのがトレーニング用などのギアを新調する事です。今回、新調したのはいくつかあるのですが、その中でも一番気に入っているのが・・・・
このサロモンバックパック!

Salomonsb0622_3

もともとは「SALOMONアウトドア」で開発されたバックパックなんですけれど、他の同類の物に比べても非常に軽量(840g)に作られており、ボトム部分は抜群の防水加工をしているので水たまりに置いても問題ない作りに・・・
また、バック自体が2WAYタイプになっていて濡れたものと乾いたものをしっかりと別けられ、内生地も防水加工してあるから外側に染みてくることもなく快適に使えてしまうこのバックに一目惚れしてGET!!!
今は格闘技道場での道具入れとして使っているけれども、モチのロンで・・・
冬場でのスノーボードブーツや、ウェアー、ヘルメット、グローブ、ゴーグル等入れられちゃうから今シーズン活躍してくれる事間違いなしの予感・・・
今から楽しみなのです・・・

Salomonsb0622_4

ここまでは順調にウェイトコントロール出来ているので、9月終わりぐらいには目標達成出来るかな・・・?
って思っています。ここからさらに追込み、最大限ルンバしますので皆さんも応援して下さいね!夜露死苦お願シヤッスね!

それから2つ目の目標は、我々サロモンSTAFFの中で誰よりも先にシーズンインする事!
毎年毎年シーズンイン前の10月位から我々セールスTEAMにとっては地獄の日々が始まり・・・なかなか仕事の忙しさに理由付けゲレンデにイケていないのがここ近年の状況・・・
「こんなんじゃ~REALスノーボーダーじゃね!単なるポーザー野郎でフェイクなブランドになってしまう・・・」
本気のブランドを本気のスタッフが売っているブランドになりたいから・・・
覚醒しますよ今シーズンは・・・
「シーズン初めのゲレンデで僕と握手!」

そして最後の目標は、
ここ近年シーズン中の課題でもある「B360」を完璧にメイクする事・・・
単純に360度回れば良いだけなのに・・・
スタイルにこだわるのか・・・
早抜けしちゃったり・・・
トゥー抜け出来なかったり・・・
苦節8年ぐらい・・・
今年こそは夏場でのブラシ施設などでイメトレ強化し完璧なるB360を今シーズンは皆様に披露したいと思っていますのでシーズンまで楽しみにしていて下さいね!ヤバいの見せますよ・・・

Salomonsb0622_5_2

そんなこんなで、毎年のように

「何となくシーズンイン・・・」を迎えるのではなく今シーズンはブログを通じて自分自身で公言する事により、しっかりと「結果にコミット!」出来るREALなブランドの、REALなスタッフを目指して精進して行きますので夜露死苦お願いしヤッス!次回のブログではさらに追い込んだ自分を報告できると思いますので楽しみに待ってて下さいね!では次回まで・・・

サヨオナラ・・・


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

サロモン スノーボード / アメア スポーツ ジャパン株式会社 
〒160-0022 
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア6F

AmerSports

2017年6月22日 (木)

本社デザインチーム潜入ルポ!PART1

2017/06/15 メールマガジン発行

日に日に暑くなってきましたね~

暑い夏の気配がもうそこまで来てます!自分は暑いのは良いんですけど、ほんとに湿気に弱くて。Tシャツの換えが手放せません。
どうも HC TORUです!


Salomonsb0615_1_3


さて、前回はHILL SIDE PROJECTにフォーカスをあてて少し説明させていただきましたが、ちょうどこの間の5月中旬に1819のコレクションについてアメリカなど他国を入れての合同のミーティングが本社であります。
行ってきましたので、今回から3回くらいかな?(そこは臨機応変に)で本社のデザインチームについて少し話していこうと思います。これはまさに普通では聞けない裏話的な話になるんじゃないかな?
店頭で売られているプロダクトを見ていてもこんな背景はわからないのでなかなか良い情報じゃないでしょうか?プロダクトを作るまでの裏方的な人の紹介をしていきたいと思います。

まずは本社というとどこにあるかご存知でしょうか?
ほとんどの方がご存知なかったり、聞いてびっくりすることが多いのですが、SALOMONはフランスのブランドでフランスに拠点をおいています。
そのフランスでも有名なパリではなく、SALOMON本社はフランスのアネシーという、非常に綺麗な街に本社があります。 街の写真や本社外観の写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたので、また別の機会に街や本社の紹介をします!

002

と 外観などはとばしてしまいましたがスノーボードのデザインチームのエリアはこんな感じです!ストリートスタイルからいろいろな物や色、資料などありとあらゆる情報がこのエリアには詰まっています!毎回ここに来て思いますがほんとにかっこいい、なんだかワクワクするところだなーと感じていて、ミーティングが終わったあとや何もない時によくこのエリアに来てデザイナー達となんでもない話や日本で何が流行っているとかそんな話をしたりしています。ここにいると楽しくて終わってからもついつい長居してしまいます。
と、こんなところでサロモンのボードやバインディングのデザインがされています。

003

そんな楽しいものが詰まっているデザインチームのエリアで今回ご紹介するのが、このナイスガイの“シルバン”です。彼は身長も190近くある大男で、見た目も某フランス映画に出てくる殺し屋のような雰囲気を持っています。 が、めちゃくちゃ気さくで心優しい感じがしゃべっているとにじみ出ているようなイイやつです!ちなみに本社はフランスなのでみんなフランス人ですが、基本的に自分も含めて他国の連中と一緒にやり取りするときはみんな英語でコミュニケーションをとっています。
こんな気さくでナイスな彼は主にバインディングのデザインをしていますがプロダクトおよび開発チームと何度もミーティングを重ねてどのようなデザインを求めているかをまとめて彼がデザインで形にしていきます。
デスクでこのようにコンピュータを使ってまさに絵を描いていきますが、単純に自分が描きたいものを描いているのではなく、サロモンのバインディングは特にShadow fitやBlasterなどといった独自で唯一の機能を持った特殊なバインディングがラインアップされています。
そういった特殊なコンセプトや機能があるものを形にしていく場合その機能やコンセプトがしっかりと表現、かつバインディングの機能として分かりやすく機能(動く)しなければなりません。
ですので、非常にいろいろな制約がある中で機能するように考えながらデザインをしなければならない難しいデザインを多く手がけています。

004

そんなデザインをまずコンピュータやデッサンで描いたあとは、社内にあるプロトルームと呼ばれる部屋でプロトタイプのプロトタイプをまず自分で実際に作るのです。
その様子を少しお見せしましょう!
まずこのようなシリコンでできた型を作り、そこに特殊な素材を流し込み造形していくのです。

005

ご覧のように自分で細かく削りだして自分が表現したいデザインを形にまずはしていくんですね~。ほんとにすごい技術だしアーティストと変わらないなと、すごい才能だと本当に感激しました。 

このようにして何度も修正を加えていき、またプロダクトと開発チームからの意見などを反映させていきデザインをつめていくんですね。この作業を繰り返して、
「よし!これで行こう!!」
となって次にこのデザインを元にした精度の高いプロトを作り、最後にサンプルという流れになります。
サンプルにするまでにこれだけの苦労があるわけなんですね。
まさに普段は想像もしていない、こんなことが行われていたんだと分かるとなんだかすごいなーと関心してしまいました。
と、こんなナイスな笑顔をしたアサシンことシルバンでしたが、少しでも皆さんにも知ってもらえたらいいなと今回ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
来期に向けて彼はまた最高にクールなバンディングをデザインしてくれました! そんなイケているバインディングに1819も乞うご期待!

さて次回はPART 2ですが、違うデザイナーをご紹介していますのでお楽しみに!

ジャースティース!!


Copyright© 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

サロモン スノーボード / アメア スポーツ ジャパン株式会社 
〒160-0022 
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア6F

AmerSports

2017年6月15日 (木)

最近よく、○○がたちます。

2017/06/8 メールマガジン発行

SALOMON SNOWBOARDSのメルマガをご購読いただいております皆様、こんにちは!

Salomonsb0608_1

SALOMONチームの「ツチノコ」こと、吉田A-KILLERです。

ツチノコ?つまりUMA(未確認動物)ということですね。

その名の通り、会社に入ってしばらく経つものの、チーム内でも一際存在感が薄いため、 岐阜や大阪、広島といった西日本エリアでごく稀に目撃情報はありますが、 基本的には水面下でひっそりと行動していますので、その生態は明らかになっていません。

このコーナーでは、そんなツチノコ的な生態をほんの少しずつ、明らかにしていく予定ですが、やはりそれも未定です。
ただ最近私、○○がよくたっています。というより、たてています。○○がたつときの興奮と感動といったらホント、たまらないですよね?
そんなわけで、今日は○○がたった話最新版を少しだけ。

イタリアのスーパースター選手、フランチェスコ・トッティの引退スピーチは、サッカーに詳しくない私でも○○がビンビンでした。
私が大好きなスケートボードシーンでは、バルセロナで行われた世界最高峰のコンテスト「ストリートリーグ(SLS)ナイキ・プロオープン」 にて、若干17歳の堀米雄斗が3位に入り、世界最高峰のSLSプロ入りを果たすという日本人初の快挙を成し遂げました。
大会の映像も実際に観ましたが、メンツ、トリック、ロケーション、どれをとっても○○がビンビンにたちっぱなしでしたね。
気になる方はぜひチェックして○○をたててみてください。

他にも最近○○がたちまくっている私ですが、先日とあるレースに出場してきました。

Salomonsb0608_2

レース前、だめだだめだと思いつつも、艶女たちの華麗な舞いに「いつか自分に」と心奪われ・・・全く集中できませんでした。

Salomonsb0608_3

レースの合間には、見たこともないスピードで駆け抜けるマシンに、「いつか自分も」と心奪われ・・・全く集中できませんでした。

Salomonsb0608_4

結局最後まで全くレースには集中できず、準決勝敗退という悔しい結果に…。
レース後は気になっていたレースクイーンから「もっと鍛えて出直して来てね。次も待ってるから!」と思わせぶりな態度。

Salomonsb0608_5

「次こそは自分も」と、興奮と感動の連続で終始○○がたちっぱなしだったレースの幕が閉じました。

魂が揺さぶられるような興奮と感動は、なにも遠い世界のものだけではない。
案外すぐそばにもあるものだとつくづく実感します。

というわけで皆様、最近○○たってますか?いや、たててますか?
今日はどんなことで○○をたてようか?最近はそんな日々を過ごしています。


Copyright © 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved. 

このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。
サロモンメールマガジン登録 >>>

サロモン スノーボード / アメア スポーツ ジャパン株式会社 
〒160-0022 
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア6F

AmerSports

2017年6月 8日 (木)

「僕の趣味 第一章」

2017/05/25 メールマガジン発行


STAFFブログ再開記念第2回目はSalesチームのゆとり世代代表(もうすぐ35歳ですが…) 水越が担当いたします。


主な営業エリアは東日本になるので馴染みのない方も多いと思いますが、このブログを通して少しでも自分のことを知ってもらえたら嬉しいです。


ここ一ヶ月間、このブログで一体何を書いたらいいのだろう!?
何か面白いネタを探そう!と人間観察に躍起になっていましたが、そんな簡単に面白いネタなど見つからず、いよいよ〆切りも迫り、困って出した答えがタイトルにあるように


”僕の趣味”…。


「お前の趣味になんて興味ねぇ~!!」


はい、もちろんわかっています!!
しかしこの話、
予定では第三章まで続きますので辛抱強く読んでいただけたら嬉しいです(笑)。


さて、第一章で話したい”僕の趣味”は、写真です。
写真との出会いは長くなって途中飽きられてしまいそうなので省力しますが、皆さんは中野正貴さんというカメラマンをご存知でしょうか。
2000年に発表した「TOKYO NOBODY」という写真集がそれはそれはもう強烈なインパクトで、東京と言えばうんざりするほどの人混み、そんなごちゃごちゃいる人!人!!人!!!がこの写真集には一人も写っていないのです!少し前の写真集なのでまだ売っているのかわかりませんが、もし見つけたらぜひ手にとってみてくださいね。
(ブログを書いた後に調べたらア○ゾンで売っていました 笑)


さて、そんな中野さんに憧れた水越ですが、サロモンに就職する前に夜の蝶達を運ぶ仕事をしておりました。その仕事はどうしても待機時間というものがあり、その待機時間を何か有効に使えないかと、深夜のラジオ番組に「ミッドナイトドライバー」というラジオネームで毎日面白ネタを投稿してみたり、タクシーの運転手さんよりも道を詳しくなってやろうと東京の裏道マップBOOKを熟読したりなど有効な待機時間を過ごすには程遠い時間を過ごしていました(笑)。


そんな時、中野さんの写真を思い出し、自分も撮ってみよう!これこそ有効な待機時間だ!と自分に言い聞かせ、だいぶ自分に甘~い条件で撮ってみました。


Salomonsb0519_1500x375昭和通りという大きな通りです。
おしい!タクシーが2台くらい写っていますね(笑)



Salomonsb0519_2500x375東京駅の改修工事中の写真で、これは人写ってないですね!
ただし、写真が若干ぶれています…。



Salomonsb0519_3500x375首都高速の護国寺というIC付近です。
これは写真のぶれもなく、人も写っていない!?


と、半年間かけて唯一撮れた3枚をご紹介させていただきましたが…
深夜なので人が少ないのは当たり前ですよね(笑)
あんな素敵な写真を一朝一夕で撮れるわけもなく…
久しぶりにこの写真の存在を思い出したので今回のブログのネタにさせてもらいました。


皆さんは写真お好きですか?


今日の一言
「スノーボードも写真ももちろん仕事も継続は力なり!」


それでは皆さん、僕の趣味”第二章”でお会いしましょう!


Copyright © 2017 サロモン / アメア スポーツ ジャパン株式会社, All rights reserved.
このメールはサロモンスノーボードの情報をお届けする、オフィシャルメールマガジンです。

ご登録はこちらです。

サロモンメールマガジン登録 >>>

サロモン スノーボード / アメア スポーツ ジャパン株式会社
〒160-0022
東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア6F

AmerSports